スポンサードリンク


フィギュアスケート 歴代世界最高得点ランキング【男子・女子/最新版】

フィギュアスケートの羽生結弦選手がHNK杯2015、グランプリファイナル2015と立て続けに世界最高得点(世界記録スコア)を更新しました。
完全に異次元の演技で出た得点でした。

そこで気になるのが歴代の世界最高得点(世界記録スコア)のランキングです。
今回は男子シングル・女子シングルを中心に紹介します。

※随時、最新版に更新しますので、変化があったときはチェックすると面白いですよ!
※欧州(ヨーロッパ)選手権2017を反映しました!メドベージェワ選手の世界新記録が出ました!

フィギュアスケートのスコア・得点の採点方式について

フィギュアスケートは採点競技です。
現在の採点法(新採点システム)は2004-2005シーズンより導入されました。

それまでは技術点と芸術点を6.0満点で採点するシンプルなものでした。
新採点方式に変わったのは、ソルトレイクシティオリンピックにおけるペア競技スキャンダルがきっかけです。
詳しくは語りませんが、まあ大変でしたw

新採点方式になってからも毎年少しずつルールが変更されていますので、過去と現在を単純には比較できません。
とはいえ、ランキングが知りたいと思うのが人の気持ちw

そこで、男子シングルと女子シングルの歴代ランキングを紹介する記事を作ることにしました。

新採点方式になって正確な得点・スコアが出るようになったかと言われると、そこはやっぱり課題もあります。
ジャッジは人がやるものである限り、主観は入りますし、その場の雰囲気にも左右されます。
どんなに詳細にルールを定めたとしても・・・・・

そこは採点競技の宿命だと思います。

しかし、ファンはそういうこともひっくるめて楽しむべき競技ですね。
そんなに得点は高くなくとも感動してしまうこともあるし、その逆もあります。

選手の生き様とアイススケートで演じられる演技と、ジャンプ、スピン、ステップ、そしてスケーティングスキル・・・・などさまざまな要素が相まってフィギュアスケートという競技が存在するんですね。

もちろん、得点も楽しむべき要素の一つです。

男子シングル歴代得点ランキング

score-ranking

男子シングルの総合得点、SPショート・FSフリー得点のランキング比較表です。
※ISU認定試合のみのランキングです。
※各国国内戦はISU認定試合にならないので含まれません。全米選手権2017ではネイサン選手がすごい得点(318.47点)を出しましたが・・・・

※黄地色は現役引退選手です。
※青地色は直近記録(GPSスケートアメリカ/スケートカナダ/ロステレコム/フランス杯/NHK杯2016/GPファイナル2016/欧州選手権2017/四大陸選手権2017/世界ジュニア選手権2017)です。

SP+SF総合得点ランキング

男子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。
※2017.3.16時点

順位 選手/大会名 得点
1位 羽生結弦
GPファイナル2015
330.43
2位 ハビエル・フェルナンデス
世界選手権2016
314.93
3位 ネイサン・チェン
四大陸選手権2017
307.46
4位 パトリック・チャン
GPフランス大会2013
295.27
5位 ボーヤンジン
四大陸選手権2016
289.83
6位 デニス・テン
四大陸選手権2015
289.46
7位 宇野昌磨
四大陸選手権2017
288.05
8位 町田樹
世界選手権2014
282.26
9位 高橋大輔
国別対抗戦2012
276.72
10位 ハン・ヤン
四大陸選手権2016
271.55
11位 無良崇人
四大陸選手権2016
268.43
12位 ジェイソン・ブラウン
GPスケートアメリカ2016
268.38
13位 ミハイル・コリヤダ
世界選手権2016
267.97
14位 アダム・リッポン
GPフランス杯2016
267.53

※宇野昌磨選手は2017年3月12日に「クープ・ド・プランタン2017」で「303.68点」という高得点を出しましたが、主要国際大会ではないため非公認になります。

ランキング詳細はISU公式サイト

以下は得点のみで比較した場合のランキングです。
※2017.3.16時点

順位 選手/大会名 得点
1位 羽生結弦
GPファイナル2015
330.43
2位 羽生結弦
NHK杯2015
322.40
3位 ハビエル・フェルナンデス
世界選手権2016
314.93
4位 ネイサン・チェン
四大陸選手権2017
307.46
5位 羽生結弦
四大陸選手権2017
303.71
6位 ハビエル・フェルナンデス
欧州選手権2016
302.77
7位 羽生結弦
NHK杯2016
301.47
8位 パトリック・チャン
GPフランス大会2013
295.27
9位 羽生結弦
世界選手権2016
295.17
10位 ハビエル・フェルナンデス
欧州選手権2017
294.84
11位 羽生結弦
GPファイナル2016
293.90
12位 羽生結弦
GPファイナル2013
293.25

ランキング詳細はISU公式サイト

SP得点ランキング

男子シングルSP(ショートプログラム)のパーソナルベストランキングです。
※2017.3.16時点

順位 選手/大会名 得点
1位 羽生結弦
GPファイナル2015
110.95
2位 ハビエル・フェルナンデス
欧州選手権2017
104.25
3位 ネイサン・チェン
四大陸選手権2017
103.12
4位 宇野昌磨
四大陸選手権2017
100.28
5位 パトリック・チャン
GPファイナル2016
99.76
6位 ボーヤン・ジン
四大陸選手権2016
98.45
7位 町田樹
世界選手権2014
98.21

※宇野昌磨選手は2016年4月23日に「チームチャレンジカップ2016(TCC)」のSPで「105.74点」という高得点を叩き出しました。
この得点はパーソナルベストランキング歴代2位にあたりますが、TCCはISU認定試合ではないため、ISUの記録としては非公認になります。
ただし、4回転フリップは史上初として認定されます。
※さらに2017年3月11日に「クープ・ド・プランタン2017」のSPで「104.31点」という高得点を叩き出しましたが、これも非公認だそうです。
クープ・ド・プランタンは主要国際大会ではないという理由です。

ランキング詳細はISU公式サイト

FS得点ランキング

男子シングルFS(フリースケーティング)のパーソナルベストランキングです。
※2017.3.16時点

順位 選手/大会名 得点
1位 羽生結弦
GPファイナル2015
219.48
2位 ハビエル・フェルナンデス
世界選手権2016
216.41
3位 ネイサン・チェン
四大陸選手権2017
204.34
4位 パトリック・チャン
四大陸選手権2016
203.99
5位 宇野昌磨
GPファイナル2016
195.69
6位 デニス・テン
四大陸選手権2015
191.85
7位 ボーヤン・ジン
四大陸選手権2016
191.38

ランキング詳細はISU公式サイト

女子シングル歴代得点ランキング

女子シングルの総合得点、SPショート・FSフリー得点のランキング比較表です。
※ISU認定試合のみのランキングです。
※オレンジ地色は引退選手です
(コストナー選手は2016シーズンより現役復帰します)

SP+SF総合得点ランキング

女子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。
※2017.3.18時点

順位 選手/大会名 得点
1位 エフゲニア・メドベージェワ
欧州選手権2017
229.71
2位 キム・ヨナ
バンクーバーオリンピック2010
228.56
3位 アデリナ・ソトニコワ
ソチオリンピック2014
224.59
4位 宮原知子
GPファイナル2016
218.33
5位 カロリーナ・コストナー
ソチオリンピック2014
216.73
6位 浅田真央
世界選手権2014
216.69
7位 アンナ・ポゴリラヤ
GPファイナル2016
216.47
8位 アシュリー・ワグナー
世界選手権2016
215.39
9位 ケイトリン・オズモンド
GPファイナル2016
212.45
10位 エレーナ・ラジオノワ
ロシア杯2015
211.32
11位 グレーシー・ゴールド
世界選手権2016
211.29

以下、ジュニア選手の記録抜粋です。
シニアに上がってからいずれ抜くでしょうが、しばらくこのまま掲示しておきます。

14位 アリーナ・ザギトワ
世界ジュニア選手権2017
208.60
16位 本田真凜
世界ジュニア選手権2017
201.61

※2016年12月24日にエフゲーニャ・メドベージェワ選手が「ロシアナショナル2017」で「233.57点(SP 80.08/FS 153.49)」という高得点を叩き出しました。
この得点は合計、SP単体、FS単体すべてにおいてパーソナルベストランキング歴代1位にあたりますが、国内戦はISU認定試合ではないため、ISUの記録としては非公認になります。

ランキング詳細はISU公式サイト

以下は得点のみで比較した場合のランキングです。
※2017.3.18時点

順位 選手/大会名 得点
1位 エフゲニア・メドベージェワ
欧州選手権2017
229.71
2位 キム・ヨナ
バンクーバーオリンピック2010
228.56
3位 エフゲニア・メドベージェワ
GPファイナル2016
227.66
4位 アデリナ・ソトニコワ
ソチオリンピック2014
224.59
5位 エフゲニア・メドベージェワ
世界選手権2016
223.86
6位 エフゲニア・メドベージェワ
GPファイナル2015
222.54
7位 エフゲニア・メドベージェワ
GPフランス杯2016
221.54
8位 エフゲニア・メドベージェワ
GPスケートカナダ2016
220.65
9位 キム・ヨナ
ソチオリンピック2014
219.11
10位 宮原知子
GPファイナル2016
218.33

ランキング詳細はISU公式サイト

SP得点ランキング

女子シングルSP(ショートプログラム)のパーソナルベストランキングです。
※2017.3.18時点

順位 選手/大会名 得点
1位 エフゲニア・メドベージェワ
GPファイナル2016
79.21
2位 浅田真央
世界選手権2014
78.66
3位 キム・ヨナ
バンクーバーオリンピック2010
78.50
4位 エリザベータ・トゥクタミシェワ
世界選手権2015
77.62
5位 カロリーナ・コストナー
世界選手権2014
77.24
6位 グレイシー・ゴールド
世界選手権2016
76.43

ランキング詳細はISU公式サイト

FS得点ランキング

女子シングルFS(フリースケーティング)のパーソナルベストランキングです。
※2017.3.18時点

順位 選手/大会名 得点
1位 エフゲニア・メドベージェワ
欧州選手権2017
150.79
2位 キム・ヨナ
バンクーバーオリンピック2010
150.06
3位 アデリナ・ソトニコワ
ソチオリンピック2014
149.95
4位 宮原知子
GPファイナル2016
143.69
5位 アンナ・ポゴリラヤ
GPファイナル2016
143.18
6位 浅田真央
ソチオリンピック2014
142.71
7位 カロリーナ・コストナー
ソチオリンピック2014
142.61

※2016年4月24日に「チームチャレンジカップ2016(TCC)」のFSでメドベージェワ選手が「151.55点」、宮原知子選手が「145.02点」という高得点を叩き出しましたが、これらはISUの記録としては非公認となります。
認定されなくても、すごいことには変わりませんけどね!

ランキング詳細はISU公式サイト

フィギュアスケートの歴代得点ランキングまとめ

いかがでしたか?
意外にランキングに日本選手が多いことに気づきますね。

また、今後はとくに男子シングルを中心に得点がインフレ化していく可能性があります。
今は4回転を跳べば良いではなく、何本4回転を跳ぶかという時代に突入しているからですね。

よく記録よりも記憶が大事なんて言いますが、記録も記憶される大きな要因となることは間違いありません。

今後のフィギュアスケート界が楽しみです!

他のランキング記事

フィギュアスケート 世界ランキング(男子・女子)2016-2017最新版

よかったら参考にしてみてください。

スポンサードリンク

フィギュアスケート2016-2017の完全スケジュールカレンダー


【羽生結弦選手愛用品情報】
羽生結弦選手愛用アクアチタンソックス アースモデル

ファイテンネックレスの羽生結弦選手愛用モデル
※チョッパーモデルとミラーボールを2本重ねがけしています!
西川エアーポータブルストレッチマット
※羽生結弦選手はこちらをウォーミングアップなどに使っています!
【チケット入手情報】
フィギュア世界選手権2017観戦なら海外スポーツ観戦のStubHubで!
※日本語対応&決済方法も豊富!安心してお任せできる会社です!

9 Responses to “フィギュアスケート 歴代世界最高得点ランキング【男子・女子/最新版】”

  1. つちのこ より:

    こんにちは。こちらのサイトは詳しいのでいつも大会前に参照させていただいています。
    ところで女子総合得点ランキングの得点別9位のキム・ヨナ選手の記録は「ソチオリンピック2014」ではないでしょうか。
    確認していただけましたら幸いです。

    • 管理人 より:

      つちのこさん

      いつも見ていただきありがとうございます!
      おっしゃるとおり、ソチオリンピックの間違いでしたので修正しましたm(_ _)m
      長く間違っていたのでお恥ずかしいです・・・・

  2. みつ より:

    こんにちは、突然失礼します。細かいことなのですが、男子の歴代得点順の7位の羽生選手のところは「2014年GPF」ではなく「2013年GPF」だと思います!

    • 管理人 より:

      みつさん

      教えてくださりありがとうございますm(_ _)m
      間違ってましたので修正しました!

  3. はっか より:

    こんにちは^ ^いつも閲覧させていただいています!とてもわかりやすくてありがたいです!
    ところで、今回、ロシア大会で宇野選手がSP歴代最高得点3位を出しましたが、羽生選手のソチオリンピックの点数は歴代得点には入らないのですか?教えていただけると嬉しいです^ ^

    • 管理人 より:

      はっかさん

      コメントありがとうございますm(_ _)m
      宇野選手の歴代3位というのはショートのパーソナルベスト(選手の自己最高記録)でランキング化した場合の順位です。
      羽生選手はGPファイナル2015で出した110点がパーソナルベストになります。

      もしショートの得点のみでランキングした場合は
      1位 羽生 110.95(GPファイナル2015)
      2位 羽生 110.56(世界選手権2016)
      3位 羽生 106.33(NHK杯2015)
      4位 フェルナンデス 102.54(ヨーロッパ選手権2016)
      5位 羽生 101.45(ソチオリンピック)
      6位 羽生 99.84(GPファイナル2013)
      7位 宇野 98.59(GPロシア大会2016)
      (2016.11.5時点/ISU認定試合のみ)
      という順位になります。
      このように羽生選手が上位を独占しているんです!

  4. より:

    選手の色分けは、どういう意図があるのですか?

    • 管理人 より:

      風さん

      記事の冒頭に色の説明を書いていますので、読んでみてください。
      読まなくてもわかると考えていたのですが、ぱっとわかりにくいようなら、色分けは検討してみますね。

  5. uno show-man より:

    とてもわかりやすかったです!

    ありがとーございました♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ