スポンサードリンク


2017-2018シーズン大会速報
全大会一覧
シニアグランプリシリーズ2017特集 ジュニアグランプリシリーズ2017特集
GPFグランプリファイナル2017速報
全日本選手権2017速報
欧州選手権2018速報
四大陸選手権2018速報
平昌冬季五輪フィギュア速報
日程・放送・ライスト情報
各国代表一覧
団体戦の結果速報 男子の結果速報
女子の結果速報 ペア/アイスダンス&エキシ速報
五輪後の試合
世界ジュニア選手権2018速報
世界選手権2018速報
その他情報
アイスショー2018完全一覧と速報
Continues with Wings[羽生結弦五輪凱旋公演]プログラム
今後のフィギュアスケートスケジュール
2018-2019シーズンのルール改正まとめ

フィギュアスケートのルール改正(新ルール)まとめ[2018-2019シーズン]

フィギュアスケート競技においては、2018-2019シーズンにISUで大幅なルール改正(新ルール)が検討されています。

とくに影響が大きいのが男子シングルです。
羽生結弦選手に不利にならないのか?宇野昌磨選手は今後もトップ選手でいられるのか?など気になりますよね?
そこで現段階でどのような内容が検討されているのかまとめておきたいと思います。

新ルールは2018年6月のISU総会から決まっていきます。
通常は6月に発表になるのですが、最終版としては秋まで引っ張る可能性もあります。
ルール改正の決定内容が出てきましたら、本記事を修正していきます。
※なお、本記事に何か間違いがありましたら、ご指摘いただけると助かります。

スポンサードリンク

【案1】男子・ペアのフリー演技時間が4分に短縮

一部のフリー演技時間が短縮されます。
短縮されるのは以下のカテゴリー。

・男子FS:4分30秒→4分
・ペアFS:4分30秒→4分

こちらの改定はすでに決定です。
競技時間の短縮化に対応するものだと思います。

ISUルール(75ページ参照)

【案2】男子フリーのジャンプ数は8個から7個に減る

演技時間が短縮されることに伴い、実施するジャンプ数も減少します。

・男子FS:8個→7個

8個のジャンプを埋めるために、2Aを跳ばざるを得なかった男子選手には朗報かもしれません。

ただし、4分で7個のジャンプを跳ぶのは意外にハードです。
つなぎを含めたジャンプの助走が長い選手は、結構厳しいルール変更になるかもしれません。
プログラムの魅力で見せて欲しいという流れとは逆行するような気がしないでもありませんw

こちらの改定もすでに決定です。

ISUルール(104ページ参照)

【案3】4回転ジャンプの基礎点が下がる?

さて、ここからが検討中の内容になります。
大きな変更としては、4回転(クワド)ジャンプの基礎点の見直しが行われています。
4回転(クワド)ジャンプだけでなく3回転(トリプル)ジャンプも合わせて検討されているようです!

以下は2017年9月に出た素案です。

種類 現行基礎点 変更案 増減
3T 4.3 4.2 -0.1
3S 4.4 4.3 -0.1
3Lo 5.1 4.9 -0.2
3F 5.3 5.3 -0.0
3Lz 6.0 5.9 -0.1
3A 8.5 8.0 -0.5
4T 10.3 9.5 -0.8
4S 10.5 9.7 -0.8
4Lo 12.0 10.5 -1.5
4F 12.3 11.0 -1.3
4Lz 13.6 11.5 -2.1
4A 15.0 12.5 -2.5

トリプルジャンプも基礎点が下がっていますが、4回転(クワド)ジャンプはさらに基礎点が下がる案が具体的に出ています。
個別に見ていくと、一番損になるのは4Aです。
実に2.5点も基礎点が下がっています。
まるで「跳ばないでくれ」と言っているかのよう・・・・

そして意外におもしろいのが、縦軸(クワドジャンプの難易度別)で見た場合の変化です。
例えば、4Tと4Lzで今までは基礎点に3.3点の差がありました。
ところが、変更案では2.0点の差しかありません。

意外にも下げ幅が少ないのは4Fです。
今まで基礎点が低く感じていたということなのでしょうか・・・・

【案4】GOE判定が11段階になる?

実は4回転(クワド)ジャンプの基礎点変更よりも、もっと重要なルール改定案が出ています。
それがGOE(出来栄え点)の変更です。
具体的には現行の「「7段階」から「11段階」へ変更されると言われています。
今まで「+3~0~-3」だった評価が「+5~0~-5」と幅が広がるということです。

この幅は「1段階10%の増減」で設定されることが検討されている模様。
これを計算すると、以下の加点・減点のGOE評価が付くことになります。

種類 基礎点 ±1 ±2 ±3 ±4 ±5
3T 4.20 ±0.42 ±0.84 ±1.26 ±1.68 ±2.10
3S 4.30 ±0.43 ±0.86 ±1.29 ±1.72 ±2.15
3Lo 4.90 ±0.49 ±0.98 ±1.47 ±1.96 ±2.45
3F 5.30 ±0.53 ±1.06 ±1.59 ±2.12 ±2.65
3Lz 5.90 ±0.59 ±1.18 ±1.77 ±2.36 ±2.95
3A 8.00 ±0.80 ±1.60 ±2.40 ±3.20 ±4.00
4T 9.50 ±0.95 ±1.90 ±2.85 ±3.80 ±4.75
4S 9.70 ±0.97 ±1.94 ±2.91 ±3.88 ±4.85
4Lo 10.50 ±1.05 ±2.10 ±3.15 ±4.20 ±5.25
4F 11.00 ±1.10 ±2.20 ±3.30 ±4.40 ±5.50
4Lz 11.50 ±1.15 ±2.30 ±3.45 ±4.60 ±5.75
4A 12.50 ±1.25 ±2.50 ±3.75 ±5.00 ±6.25

ここで重要なのは、各ジャンプの最大スコアと最小スコアが何点になるかということですね。
以下、全種類のジャンプを現行の得点と比較してみました。

種類 最大点 基礎点 最小点
3T 現行 6.40 4.30 2.20
変更案 6.30 4.20 2.10
3S 現行 6.50 4.40 2.30
変更案 6.45 4.30 2.15
3Lo 現行 7.20 5.10 3.00
変更案 7.35 4.90 2.45
3F 現行 7.40 5.30 3.20
変更案 7.95 4.90 2.65
3Lz 現行 8.10 6.00 3.90
変更案 8.85 5.90 2.95
3A 現行 11.50 8.50 5.50
変更案 12.00 8.00 4.00
4T 現行 13.30 10.30 6.30
変更案 14.25 9.50 4.75
4S 現行 13.50 10.50 6.50
変更案 14.55 9.70 4.85
4Lo 現行 15.00 12.00 8.00
変更案 15.75 10.50 5.25
4F 現行 15.30 12.30 8.30
変更案 16.50 11.00 5.50
4Lz 現行 16.60 13.60 9.60
変更案 17.25 11.50 5.75
4A 現行 18.60 15.00 11.00
変更案 18.75 12.50 6.25

この表を見て、あれ?と思いませんか?
クワドジャンプの基礎点は下がっているのに、GOE(出来栄え点)で満点を取れば、現行のスコアを上回るのです!
逆に出来栄えが悪かった場合は、得点がえげつなく下がります・・・w
今まで以上に競技後すぐに「プロトコル(ジャッジスコア)」が見たくなると思いますねw

いずれにせよ、完成度が求められる時代になることは間違いありません。

【案5】演技後半で1.1倍の得点となるジャンプの数を制限?

後半ジャンプの1.1倍ボーナスポイントを制限する案は平昌五輪後に出てきました。

ザキトワ選手のようにジャンプをすべて後半に跳ぶ戦略に対する是正案です。
とはいえ、ザキトワ選手はルールに則って戦略を立てているわけですから、悪いことは何もありません。
加えて、全ジャンプを後半に跳ぶというのは失敗のリスクを高めます。
この構成を選ぶこと自体すごいことなのです。

しかしその一方で、ジャンプをすべて後半に跳ぶ選手ばかりになることの危機感があるのかもしれません。
勝つために選択肢を狭めることになりますので・・・
ザキトワ選手は非常にウェルバランスを考えたプログラムを作ってきましたが、皆がそうできるとは限りません・・・

ルールで規制するのは、それはそれで一つ手かなとは思います。
現在、具体案は何も出てきていませんが、

ショート:前半に1本は必ず跳ぶ
フリー:前半に2本は必ず跳ぶ

といったルールができる可能性はありそうです。

【案6】アイスダンスのショートダンスがリズムダンスに変更?

アイスダンスに関しても大きな変更があります。
現行のショートダンス(SD)がリズムダンス(RD)というカテゴリーになります。

アイスダンスに関してはルールに詳しいとは言えませんので、分析しようとするとボロが出ますw
なのので、資料に委ねたいと思いますw

ISUコミュニケーションNo.2148

ルール改正で有利な選手、不利な選手は?

2018-2019シーズンのルール改正で影響が大きいのは男子シングルです。
芸術面と技術面の調和を図ることがルール改正の目的ですが、大きくはクワド跳べば出来栄えが悪くてもスコアを稼げるという方向を是正する狙いがあります。

こういう状況で有利なのは、しっかりした基礎・技術を持つ羽生結弦選手だと思います。
オーサーコーチが「どんなルールになろうとも問題ない」と語っているのは確固たる自信ですね。
しかし、4Aも跳べれば良いというジャンプではなくなってしまったので、簡単には試合に入れられないかもしれません・・・

宇野昌磨選手もしっかり対応できると思いますが、もっと完成度を高める努力は必要かもしれません。
ネイサン選手あたりは本当に運用次第ですね・・・
現状としてはつなぎが濃いとまでは言えないので、その影響がどの程度あるのかは難しいところ・・・

この改正案で鍵を握るのは、結局のところ「ジャンプ(とくにクワドジャンプ)」です。
たくさん失敗すれば得点が伸びなくなります。
しかし、つなぎの濃い完成度の高いジャンプをすべて跳べれば、クワドが少なくても高いスコアが出る可能性もあります。

芸術性を高めたいなら、コレオやスピンあたりのルールに手を入れられないものかなと個人的には思います・・・

さて・・・・
本ルール改正とは関係ないのですが(関係なくもないか・・・)、本記事を書いていたら、とんでもない情報が飛び込んできました。
ロシアのジュニア選手であるトゥルソワ選手が練習で4Lzを跳んで成功させていたのです!

来シーズンのスコアで換算すると、基礎点が11.50点、GOEが+2で、結果13.80点でしょうか?(奮発)w
それにしてもすごすぎて怖い・・・・
女子はルールを超えているところで動いていますので、数年後にどうなっているのか想像もつきません・・・

2018-2019シーズン新ルールはいつ決まる?

2018-2019シーズンの新ルールを検討するにあたって、2018年6月にISU総会があります。
そこから決まったものは「ISUコミュニケーション」という形でISUからレポートが出てきます。
このレポートは秋くらいまで引っ張ることがあるのですが、今回のルール改定は大きいものなので6月中には出てくるんじゃないかなと予想します。

【追記1】
3/30にISUの副会長で公認テクニカル、かつ数学者でもあるアレクサンドル・ラケールニさんのルール改定に関するQA記事が出てきましたので紹介します。
記事

【追記2】
とりあえず「第57回ISU総会」がスペイン・セビリアで6/4~6/8の期間で開催されます。
その後ルール改定に関する何らかの発表があるかもしれません。
ソース

【追記3】
3/30と4/16にルール改定についてアレクサンドル・ラケルニクISU副会長にインタビューした記事が出ました。
クワドは1種類に付き1回しか跳べないなどの案が出てきたりしているので、ISU総会が終わるまではどうなるかわからないですね・・・
記事1記事2

ルール改正まとめ

ルール改定に関してはいろいろな思惑の中で決まっていくという側面はあると思います。
フィギュア解説者、専門家、選手OBの中でも賛否が出てくるでしょう。
しかし、現役選手はルールに則ってプログラムを作り練習していくしかありません。

どんなルールになったとしても、きっとおもしろく進化してくれると思います。
新採点法導入当時も侃々諤々ありましたが、今、十分におもしろくなっています。
ただ、怪我は選手生命にかかわるので、そこはルールの考慮にいれてほしいところかなと思います。

とりあえず文句を言うよりは、受け入れるほうが競技を楽しめると私は思います!

スポンサードリンク




フィギュアスケート2017-2018の完全スケジュールカレンダー
※緊急情報があった場合、こちらの該当日に記載しています。

11 Responses to “フィギュアスケートのルール改正(新ルール)まとめ[2018-2019シーズン]”

  1. 5398 より:

    管理人さんいつも分かりやすくありがとうございます!
    今回はジャンプに片寄りすぎた今のフィギュアスケートを全体的に少しでも底上げしたい変更のようですね。
    今まではジャンプありきな部分は確かにあったのでそれを細分化して、差をつける。妥当なところだと思います。

  2. るる より:

    管理人さま

    いつもありがとうございます。

    基礎点を下げるのはなぜだろう、と思ってましたが、【案4】の二つ目の表でかなり理解できました。
    高難度ジャンプも、GOE次第で今と変わらない技術点がつき、かつ転倒はクワドだけ-4という苦肉の策も、この方法だと合理的になりますね。
    よく考えられている数値だと思いました。

    しかし、ジャンプ本数減によりフリーの最高点の更新はやはり難しくなりますね。

    私はプロトコル解析大好きですが、当面はいろいろ分かりにくくなるでしょうね。

    どうなるのかなー、とワクワクします。

    【案3】の表に、3Aが抜けているようです。別のところにあるのでなくてもわかりますけどね!

    お邪魔しました。

    • 管理人 より:

      るるさん

      抜けを教えていただきありがとうございますm(_ _)m
      追加しました!
      まだ検討中の案ではありますが、なかなかよく練られてますよね!

  3. vamo より:

    いつもありがとうございます。
    4月にCSテレ朝chにてもう一度観たいあの演技という番組が再放送含め5本オンエアされます。
    こちらの演者演目の情報おありでしたら是非お願いします。
    ありがとうございました。

    • 管理人 より:

      vamoさん

      大変申し訳ないのですが、わかりません・・・

      • vamo より:

        管理人さま
        早速の返信ありがとうございます。
        いろいろ検索をかけるのですが第1弾しか分からなくてこちらに書き込んでしまいました。
        演者演目によってはch加入を検討しているのは事実なので、教えてくれるか微妙ですが直接そちらに聞いてみます。

        あちがとうございました。

      • 管理人 より:

        vamoさん

        第4弾はこちらに情報があるようです。
        中途半端な情報で申し訳ないです・・・

  4. ひろキング より:

    これまでより点を取りにくくなるようなルール改正が発生するんなら、「世界記録」はもう「ルール改正毎の記録」を採用したほうがいいんじゃね?

  5. ぷちか より:

    初めてコメントさせていただきます。

    とても詳しくわかりやすい説明や情報が記載されていて、いつも参考にさせていただいています。
    今回のルール改正について、興味深く読ませていただきました。

    FSの時間が短縮され、ジャンプの数が減るということだけでも大きな変化ですね。
    さらにGOEもこんなにもプラスマイナスの幅が大きくなるとしたら、選手やコーチの皆さんは今までと違う戦略を考えなければならないでしょうね。
    観戦する私としては、新たな期待感がますます高まり、シーズンが始まるのが楽しみでたまりません。

    今後もどうぞよろしくお願いいたします。

  6. Nikolaus より:

    男子フリーでのジャンプの個数が減るとなると、必然的にこれまでと同じような点数を取ることが難しくなるということですね。羽生選手が打ち立てた世界記録もますます破られにくくなるのですね…。

  7. ユッキ より:

    なるほど〜。ものすごく解りやすくて参考になります。ありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ