スポンサードリンク


■2019-2020シーズン大会速報
全大会日程・結果一覧
※随時更新
フィギュア完全カレンダー
※毎日更新
グランプリシリーズ2019
※日程・出場資格・アサイン(アサインは6/20発表)
アイスショー2019完全一覧
女子新プロ2019-2020一覧
男子新プロ2019-2020一覧
新ルールまとめ[2019-2020シーズン用に更新]
■2018-2019シーズン大会速報
全大会日程・結果一覧
※今シーズン振り返り
GPシリーズ2018
JGPシリーズ2018
スケートアメリカ2018
スケートカナダ2018
GPSフィンランド2018
NHK杯2018
ロステレコム杯2018
フランス杯2018
グランプリファイナル2018
全日本選手権2018
ロシアナショナル2019
全米選手権2019
欧州選手権2019
四大陸選手権2019
世界ジュニア選手権2019
世界選手権2019
世界国別対抗戦2019
■その他情報
ワールドスタンディング
※7/6更新!ランキングが2019-2020版に更新!
歴代最高得点ランキング

GPSグランプリシリーズ2019-2020の日程・出場資格・アサイン速報

2019年10月からフィギュアスケートの「グランプリシリーズ2019-2020(GPS・GPシリーズ)」の試合が始まります。
GPSはスケートアメリカ2019(アメリカ大会)、スケートカナダ2019(カナダ大会)、フランス杯(フランス国際)2019(フランス大会)、中国杯(中国大会)2019、NHK杯2019(日本大会)、中国杯2019、ロステレコム杯2019(ロシア大会)の計6大会あります。
さらに、このポイント上位者よるグランプリファイナル2019(GPF)が12月に開催されます。

まずはグランプリシリーズ2019の開催場所・日程・チケット情報・出場資格(出場選手の決め方)、アサイン(出場選手)発表日予想について紹介します。
アサインについては、発表があり次第、本記事で速報で紹介します。
2019-2020シーズンも一緒に盛り上がりましょう!

6/20 23時にアサインの発表がありましたので記事を全面的に更新しました!
以降、IN・OUTは必ずあると思いますので随時更新していきます!

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2019の出場資格・条件

まず出場資格・条件について男女シングルに限定して紹介しますね。
細かい規定をすべて書き出すと、膨大な量になってしまいますのでなるべく端的に書きます。

アサインが発表になりましたので、記事を隠します。
見たい方だけご覧ください。

”GPS出場資格を見る”

■シード選手

2019年3月開催の世界選手権(ワールド)の1位から6位までの選手がシード選手となります。

また、過去10年間の世界選手権で上位6位に入った選手が復帰する場合、1度だけカムバックシード選手になれます。

ここまでの条件で欠員があった場合、成績によってシード選手になることもあります。

シード選手は2大会の出場資格があります。
シード選手は特別な選手なので、各大会に分散されるように割り当てられます。

なお、おもしろいことをツイートしてくれましたので引用させていただきました!
ありがとうございます!

■招待選手

世界選手権2019の7位から12位までの選手は招待選手として2大会の出場が保証されます。
この出場条件はミニマムスコアを満たすことのみ。

さらに以下の条件を満たした選手は1大会の出場が保証されます。
・ISU世界ランキングで上位24位以内の選手
・2018-2019シーズンのベストスコア上位24名
※なお、1大会保証というのは、1大会しか出られないというわけではありません。

ジュニア選手がシニアに上がる場合、以下の成績を収めていると選考対象になります。
・JGPF 2018の優勝者
・JWC 2019のメダリスト

■その他

GPシリーズのアサインにはグレーゾーンがあります。
いずれの要件も満たしていない場合でも、自国枠(日本の場合NHK杯)や各開催国の特別招待を受けて2枠確保できる場合もあるのです。
例えば、2018-2019シーズンの紀平梨花選手はいずれの要件も満たしていませんでしたが、2枠確保できました。
なお、各国で出場できる最大枠は「18枠(1大会最大3名×6大会)」です。

詳細な出場資格要件は、以下を参照にしてください。
GPS出場資格要件Wiki


グランプリシリース2019の日本選手の出場枠一覧

日本選手のグランプリシリース2019の出場枠について男子と女子(ロシア女子含む)のみまとめてみました。
2019-2020シーズンのアサインが出るまでの参考資料としてご覧ください。

アサインが発表になりましたので、記事を隠します。
見たい方だけご覧ください。

”GPS日本選手出場枠を見る”

なお、4/25に日本スケ連より2019年度特別強化選手、強化選手A・Bの発表がありました。
↑一覧|記事
そして6/19に女子強化Bに3名追加されました。
一覧
(今後も随時変更があります)

※WCは、世界選手権2019です。
※WSは、現ワールドスタンディング(世界ランキング)です。(5/7に修正)
※SBは、2018-2019シーズンのシーズンベストスコアです。
※JWは、ジュニア世界選手権2019です。
※オレンジ地は、出場権利です。

■日本男子選手

日本男子
選手 WC WS SB GPS権利
羽生 2位 4位 2位 シード
宇野 4位 2位 4位 シード
田中 14位 19位 13位 招待
友野 20位 22位 招待
島田 JGPF
3位
JW
9位
41位 35位 なし
須本 36位 50位 なし
山本 43位 47位 なし
※羽生選手、宇野選手、田中選手、友野選手は2枠問題ないと思われます。
※シニアデビューする島田選手、山本選手は自国枠等の駆使で、なんとか2枠確保できるように取り図ってほしいですね!
※とくに山本選手は復調しており、2019年2月に行われたチャレンジカップでは253.87という高得点で優勝しています。もし本スコアがISU認定となれば、スコアランクは16位となって招待選手となったはずなので・・・
※須本選手もシニアデビューだそうです。
※高橋選手はもともと「海外の大会については出場しないんじゃないか」と発言していましたが、その後、国際大会出場への意欲を示しました。とりあえず特別強化選手に選ばれたため、全日本2019の予選大会は免除されます(免除されても出場は可能です)。
ソース1ソース2ソース3

■日本女子選手

日本女子
選手 WC WS SB GPS権利
紀平 4位 5位 3位 シード
坂本 5位 4位 7位 シード
宮原 6位 2位 10位 シード
三原 8位 13位 招待
樋口 11位 37位 招待
白岩 JW
5位
15位 28位 招待
山下 21位 17位 招待
本田 28位 32位 なし
横井 JW
9位
49位 33位 なし
本郷 67位 86位 なし
松田 79位 83位 なし
※横井選手のシニアデビューは決定しています。
※もし紀平選手、坂本選手、宮原選手、三原選手、樋口選手、山下選手、白岩選手の2枠が決まった場合、日本女子の枠は残り最大4枠です・・・
※本田選手、本郷選手、横井選手の中で2枠が取れる選手が出るかどうか・・・
※ちなみに本郷選手はカムバックシード権(世界選手権2015で6位)を持っています。(この権利を使えば2枠確保できますが、使うかどうかはわかりません・・・)
↑こちらですが、WIkiの出場資格をよく読んだところ「復帰する場合」という但し書きがありましたので、休養していない本郷選手はカムバックシード権には当てはまらないことに気づきました・・・混乱させて申し訳ありませんm(__)m

■ロシア女子選手
大物ジュニア3選手のシニア参戦で、気になるロシア女子も番外編として表を作りました。

ロシア女子
選手 WC WS SB GPS権利
ザギトワ 1位 1位 1位 シード
メドベージェワ 3位 3位 6位 シード
サモドゥロワ 8位 10位 12位 招待
トゥルソワ JW
1位
18位 8位 招待
シェルバコワ JW
2位
46位 9位 招待
コストルナヤ JGPF
1位
29位 11位 招待
トゥクタミシェワ 13位 2位 招待
コンスタンチノワ 9位 23位 招待
ソツコワ 19位 43位 招待
サハノヴィッチ 36位 18位 招待
タルシナ 58位 20位 招待
グバノワ 73位 21位 招待
※シードと招待を持っている選手だけで12名です。全員が2枠持つと24枠となり、国の最大枠18枠を大きく超えてしまいます・・・
※ザギトワ選手、メドベ選手、トゥルソワ選手、シェルバコワ選手、コストルナヤ選手、サモドゥロワ選手、トゥクタミシェワ選手、コンスタンチノワ選手は2枠確保できる気がするのですが、その場合、残りは2枠で招待選手全員が1枠確保できません・・・どうなるか・・・
なお、6/11にロシアの2019-2020ナショナルチームリストが出てきました。
・シニア女子強化選手:ザギトワ、コストルナヤ、メドベージェワ、サモドゥロワ、トゥルソワ、トゥクタミシェワ、シェルバコワ
・シニア女子補欠:グバノワ、コンスタンチノワ
GPS出場に影響があるかもしれないですね・・・
リスト一覧

グランプシリーズ2019のアサインは6/20発表

フィギュアスケートのグランプシリーズ(GPS)2019は、10月中旬から11月末にかけて全6大会あります。

■GPS第1戦・スケートアメリカ2019
■GPS第2戦・スケートカナダ2019
■GPS第3戦・フランス杯2019
■GPS第4戦・中国杯2019
■GPS第5戦・ロステレコム杯2019
■GPS第6戦・NHK杯2019

アサインの内容は周知だと思いますので、記事を隠しました。
見たい方は「開く」でご覧ください。

”GPSアサインの経緯を開く”

2019年6月~7月にグランプリシリーズ(GPS)2018のアサイン(出場選手の割り当て/Assignments)の発表があります。
ちなみに過去の発表日は以下の通り。
・2013年:6/3(月)/五輪シーズンにより発表が早い
・2014年:6/27(金)
・2015年:6/15(金)
・2016年:7/1(月)
・2017年:5/26(金)/五輪シーズンにより発表が早い
・2018年:6/29(金)
※いつも月曜か金曜の発表になっています。

2019年のアサイン日の発表については、5/20に以下情報が出てきました。

6月19日~20日に仏アネシーでアサインが決定する予定だそうです!
となると、日本に情報として届くのは、6/20(木)か6/21(金)になるのではないでしょうか?
※日本時間はアネシーより7時間進んでいます。

以下、予想情報です。ありがとうございます!

アサイン発表日についての続報ですが、一日延期というツイがありますね・・・
ロシアファン発なので正しい情報かどうかはなんともいえませんが・・・

その後、6/20 22:20頃に「本日まもなくアサイン発表」とのタチアナさんのツイがありました!
ドキドキしますね・・・


そして6/20 23時にアサインの発表がありました!

発表直後の樋口新葉選手ツイート!
2枠確保できてよかったですね!

早速、各大会に選手名を記載しました!
さらに早見表を作りましたので参考にしてください。
(ということで、観戦の計画も立てましょうw)



グランプリシリーズ2019の日本選手アサイン早見表

まずはグランプリシリーズ2019にアサイン(エントリー)している日本選手の早見表です。
海外の強豪ライバル選手も足して作っています。
GPアサイン2019一覧男子女子ペアアイスダンス

なお、アサイン人数国別トップ3は以下のとおりです。(TBD含む/最大は18枠)
・男子:1位ロシア15枠、2位アメリカ12枠、3位日本11枠
・女子:1位ロシア18枠、2位日本17枠、アメリカ10枠
※最大枠を確保したのはロシア女子のみでした。

選手 スケアメ スケカナ フランス 中国杯 ロステレ NHK杯
日本男子&ライバル海外男子一覧表
友野一希
島田高志郎
田中刑事
羽生結弦
宇野昌磨
山本草太
TBD
ネイサン
ボーヤン
キーガン
ジェイソン
ジュンファン
ブレジナ
マッテオ
コリャダ
ヴィンス
サマリン
エイモズ
日本女子&ライバル海外女子一覧表
樋口新葉
坂本花織
山下真瑚
紀平梨花
三原舞依
白岩優奈
宮原知子
本田真凜
横井ゆは菜
TBD
テネル
ツルシン
シェルバコワ
トゥクタミ
ウンス
メドベ
トゥルソワ
マライア
ザギトワ
コストルナヤ
サモドゥロワ
※女子はジュニアからシニアに参戦してきた大物ロシア3選手(シェルバコワ、トゥルソワ、コストルナヤ)がどのくらいシリーズをかきまわしてくるかに注目が集まります。この3選手は見事に全試合を分けてきました!
選手 スケアメ スケカナ フランス 中国杯 ロステレ NHK杯



GPシリーズ開催前トピックス

チェックしておいたほうがよいグランプリシリーズ2019の最新トピックスを紹介します。
事前に以下のイベントがあると思われます。
・10月上旬:NHK杯記者会見&GPS&GPF記者会見(同日)
・10月中旬:AbemaTVで「織田信成のフィギュアベマ!!!!4~GPシリーズ開幕直前SP」
※判明次第記載します。

■ISU GPS/GPFアナウンスメント発表[6/14]
アナウンスメントPDF
■テレ朝のグランプリシリーズ2019サイトオープン[6/20]
テレ朝GPS2019サイト

グランプリファイナルへの出場条件

グランプリシリーズ(GPS)の各大会の上位選手(組)にはポイントが付与されます。
獲得ポイントの「上位6選手(組)」がグランプリファイナル(GPF)に出場できます。

それぞれの大会の順位によってもらえるポイントは以下の通り。

1位 15ポイント 2位 13ポイント
3位 11ポイント 4位 9ポイント
5位 7ポイント 6位 5ポイント
7位 4ポイント 8位 3ポイント

このポイントを2大会の合計で競うということですね。

グランプリファイナル出場資格を満たす条件は、例年のパターンで考察すると「20ポイント(3位+4位)」以上のポイントが最低限必要になります。
2位+2位の合計26ポイントの獲得なら、ほぼファイナル出場決定です。

つまり、20~25ポイントあたりが出場権獲得のボーダーラインになるということですね。
このボーダーラインは毎年やきもきするところですw

GPS第1戦・スケートアメリカ2019

フィギュアスケートGPS(グランプリシリーズ)2019の初戦となるスケートアメリカ2019(アメリカ大会)の概要です。

スケートアメリカ2019(アメリカ大会)
ISU Grand Prix of Figure Skating Skate America 2019
開催場所 ネバダ州ラスベガス
Orleans Arena
会場サイト地図
日程 2019年10月18日(金)~10月20日(日)
サイト 公式サイトISUサイトチケット情報
※チケットは4/19より販売開始
出場予定選手一覧
■男子
日本選手 島田高志郎、友野一希
海外選手 キーガン・メッシング(カナダ)、ボーヤン・ジン(中国)、ミハル・ブレジナ(チェコ)、ロマン・ポンサール(フランス)、チャ・ジュンファン(韓国)、ドミトリー・アリエフ(ロシア)、ロマン・サヴォシン(ロシア)、ジェイソン・ブラウン(アメリカ)、ネイサン・チェン(アメリカ)、TBD(アメリカ)
■女子
日本選手 樋口新葉、坂本花織、山下真瑚
海外選手 ヴェロニク・マレ(カナダ)、エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)、イム・ウンス(韓国)、スタニスラワ・コンスタンチノワ(ロシア)、アンナ・シェルバコワ(ロシア)、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)、カレン・チェン(アメリカ)、ブレイディ・テネル(アメリカ)、TBD(アメリカ)
■ペア
日本選手 なし
海外選手 一覧
■アイスダンス
日本選手 なし
海外選手 一覧

GPS第2戦・スケートカナダ2019

フィギュアスケートGPS(グランプリシリーズ)2019の2戦目となるスケートカナダ2019(カナダ大会)の概要です。

スケートカナダ2019(カナダ大会)
Grand Prix of Figure Skating Skate Canada International 2019
開催場所 ブリティッシュコロンビア州ケロウナ
Prospera Place
会場サイト地図
日程 2019年10月25日(金)~10月27日(日)
サイト 公式サイトISUサイトチケット情報HISツアー(7/5-10)
※チケットは4/5より販売開始
出場予定選手一覧
■男子
日本選手 羽生結弦、田中刑事
海外選手 ブレンダン・ケリー(オーストラリア)、ニコラ・ナドー(カナダ)、ナム・ニューエン(カナダ)、ローマン・サドフスキー(カナダ)、パウル・フェンツ(ドイツ)、マッテオ・リッツォ(イタリア)、デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)、ミハイル・コリャダ(ロシア)、アンドレイ・ラズキン(ロシア)、カムデン・プルキネン(アメリカ)
■女子
日本選手 紀平梨花、三原舞依
海外選手 オーロラ・コトプ(カナダ)、ガブリエル・デールマン(カナダ)、TBD(カナダ)、キム・イェリム(韓国)、ユ・ヨン(韓国)、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)、セラフィマ・サハノヴィッチ(ロシア)、アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)、アレクシア・パガニーニ(スイス)、ブレイディ・テネル(アメリカ)
■ペア
日本選手 なし
海外選手 一覧
■アイスダンス
日本選手 なし
海外選手 一覧
※Caroline GREEN / Michael PARSONS(アメリカ)はニューカップルですねw

GPS第3戦・フランス杯2019

フィギュアスケートGPS(グランプリシリーズ)2019の3戦目となるGPSフランス杯2019(フランス大会)の概要です。
過去は「エリックボンパール杯」でしたが、2016年より「フランス杯」に、さらに2017年からは「フランス国際」にネーミングが変わりました。
ただし、マスメディアなどは「フランス杯」と書いていますので、当サイトも「フランス杯」で基本的に統一します。

フランス杯2019(フランス大会)
ISU Grand Prix of Figure Skating Internationaux de France 2019
開催場所 グルノーブル
Patinoire Polesud
会場サイト
日程 2019年11月1日(金)~11月3日(日)
サイト 公式サイトISUサイトチケット販売チケット案内ツイート
※オールイベントチケットはないようです。公式練習チケットは会場で販売。
出場予定選手一覧
■男子
日本選手 宇野昌磨
海外選手 ニコラ・ナドー(カナダ)、ケビン・エイモズ(フランス)、ロマン・ポンサール(フランス)、TBD(フランス)、モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)、ダニエル・サモヒン(イスラエル)、アレクサンドル・サマリン(ロシア)、アントン・シュレポフ(ロシア)、セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)、ネイサン・チェン(アメリカ)、樋渡知樹(アメリカ)
■女子
日本選手 樋口新葉、坂本花織、白岩優奈
海外選手 ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)、ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)、マエ=ベレニス・メイテ(フランス)、TBD(フランス)、アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)、マリア・ソツコワ(ロシア)、アリーナ・ザキトワ(ロシア)、マライア・ベル(アメリカ)、ティン・ツゥイ(アメリカ)
■ペア
日本選手 なし
海外選手 一覧
■アイスダンス
日本選手 なし
海外選手 一覧

GPS第4戦・中国杯2019

フィギュアスケートGPS(グランプリシリーズ)2019の4戦目となる中国杯2019(中国大会)の概要です。
※2018-2019シーズンは中国に代わってフィンランド/ヘルシンキで開催されましたが、今季は戻るようです。

中国杯2019(中国大会)
ISU Grand Prix of Figure Skating – Cup of China 2019
開催場所 重慶
华熙文化体育中心
Huaxi Live Banan International Cultural and Sports Center
会場情報1会場情報2重慶案内
日程 2019年11月8日(金)~11月10日(日)
サイト 公式サイトISUサイト
出場予定選手一覧
■男子
日本選手 田中刑事
海外選手 キーガン・メッシング(カナダ)、ボーヤン・ジン(中国)、ハン・ヤン(中国)、TBD(中国)、チーイー・ツァオ(台湾)、マッテオ・リッツォ(イタリア)、チャ・ジュンファン(韓国)、アンドレイ・ラズキン(ロシア)、ロマン・サヴォシン(ロシア)、カムデン・プルキネン(アメリカ)、ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)
■女子
日本選手 本田真凜、三原舞依、宮原知子
海外選手 ガブリエル・デールマン(カナダ)、ホンイー・チェン(中国)、イ・ジュウ(中国)、TBD(中国)、ヴィヴェカ・リンドフォース(フィンランド)、エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)、ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)、アンナ・シェルバコワ(ロシア)、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
■ペア
日本選手 なし
海外選手 一覧
■アイスダンス
日本選手 小松原美里&ティム・コレト
海外選手 一覧

GPS第5戦・ロステレコム杯2019

フィギュアスケートGPS(グランプリシリーズ)2019の第5戦となるロステレコム杯2019(ロシア大会)の概要です。

ロステレコム杯2019(ロシア大会)
ISU Grand Prix of Figure Skating Rostelecom Cup 2019
開催場所 モスクワ
メガスポルトアリーナ(7/11に会場判明)
リンクサイト座席表
日程 2019年11月15日(金)~11月17日(日)
サイト ISUサイト公式チケット情報HISツアー(7/3-9/8)
※2018年の公式チケットは8/15に販売開始の発表がありました。
※2019年の公式チケットは8月中旬より販売開始とのアナウンスがありました。
出場予定選手一覧
■男子
日本選手 友野一希、宇野昌磨
海外選手 ウラジーミル・リトヴィンツェフ(アゼルバイジャン)、ナム・ニューエン(カナダ)、ミハル・ブレジナ(チェコ)、モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)、デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)、ドミトリー・アリエフ(ロシア)、アレクサンドル・サマリン(ロシア)、TBD(ロシア)、アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)、ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)
■女子
日本選手 宮原知子、白岩優奈、横井ゆは菜
海外選手 エカテリーナ・リャボワ(アゼルバイジャン)、ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)、ホンイー・チェン(中国)、ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)、スタニスラワ・コンスタンチノワ(ロシア)、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)、アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)、アレクシア・パガニーニ(スイス)、マライア・ベル(アメリカ)
■ペア
日本選手 なし
海外選手 一覧
■アイスダンス
日本選手 なし
海外選手 一覧

GPS第6戦・NHK杯2019

フィギュアスケートGPS(グランプリシリーズ)2019の6戦目となるNHK杯2019(日本大会)の概要です。

NHK杯2019(日本大会)
ISU Grand Prix of Figure Skating NHK Trophy 2019
開催場所 札幌
真駒内セキスイハイムアリーナ
※6/20に会場も決まりました!
会場サイト
日程 2019年11月22日(金)~11月24日(日)
サイト ISUサイト公式サイト公式Twitter
※6/20公式サイトオープン!チケット販売情報は7月下旬頃に発表だそうです。
(もしNHK杯観戦の希望がある場合、まずホテルを予約してしまうとよいと思います)
出場予定選手一覧
■男子
日本選手 羽生結弦、山本草太、他TBD 1名
海外選手 コンラッド・オーゼル(カナダ)、ロマン・サドフスキー(カナダ)、ケビン・エイモズ(フランス)、オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル)、アルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)、ミハイル・コリャダ(ロシア)、セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)、ジェイソン・ブラウン(アメリカ)、樋渡知樹(アメリカ)
■女子
日本選手 紀平梨花、山下真瑚、他TBD 1名
海外選手 ヴィヴェカ・リンドフォース(フィンランド)、マエ=ベレニス・メイテ(フランス)、イム・ウンス(韓国)、アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)、ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)、アリーナ・ザキトワ(ロシア)、スター・アンドリュース(アメリカ)、カレン・チェン(アメリカ)、ティン・ツゥイ(アメリカ)
■ペア
日本選手 TBD 1組
※TBDは三浦璃来&市橋翔哉組に決まると思います。
海外選手 一覧
■アイスダンス
日本選手 小松原美里&ティム・コレト
海外選手 一覧

グランプリファイナル2019

GPS(グランプリシリーズ)2019の上位ポイント獲得選手による優勝者を決めるGPFグランプリファイナル2019の概要です。
本大会はシニアとジュニアが同時に開催されます。

GPFグランプリファイナル2019
ISU Grand Prix of Figure Skating Final (Senior & Junior) 2019
開催場所 イタリア/トリノ
PalaVela Torino
会場サイト
日程 2019年12月5日(木)~12月8日(日)
スケジュール ※暫定/日本時間で記載(現地時間+8時間)
※出てくるのが早いw
・12/5(木)
16:45~24:35 初日公式練習
23:30~24:15 Jr男子SP
・12/6(金)
00:35~01:28 JrペアSP
01:50~02:35 Jr女子SP
03:00~03:30 オープニングセレ
03:50~04:44 ペアSP
05:10~05:56 男子SP
15:00~22:00 2日目公式練習
23:00~23:53 JrアイスダンスRD
・12/7(土)
00:20~01:11 Jr女子FS
02:30~03:23 アイスダンスRD
03:50~04:36 女子SP
04:55~05:57 ペアFS
15:00~22:05 3日目公式練習
21:00~21:54 男子FS
22:20~23:19 JrペアFS
23:46~24:36 Jr男子FS
・12/8(日)
02:00~02:57 JrアイスダンスFD
03:25~04:25 アイスダンスFD
04:55~05:49 女子FS
15:00~20:45 4日目公式練習
22:00~24:30 エキシビション
チケット情報 6/28 22:00~ VIPチケット販売
7/19~ オールイベントチケット販売[価格
10/3~ 単日チケット販売
チケット情報VIPチケット案内座席表
サイト 公式サイト(日本語版)ISUサイトスケジュール
※6/26公式サイトオープン!

GPS/GPF2019のチケット&ツアー情報

グランプリシリーズ2019とグランプリファイナル2019のチケット・ツアー情報です。

なお、英語が得意な方は、開催地の公式サイトから購入する方法もあります。
こちらは各大会の項目に記載します。
日本開催の大会(NHK杯)は、チケット情報が出てきましたら大会項目に記載するようにします。

とりあえずチェックすべきリンクを貼っておきますね。
(具体的には書きませんが、随時チケット&ツアー情報がアップされますので、観戦予定のある方はマメにチェックをお願いします)

GPS/GPF2019を取り扱うチケット会社
ワールドスポーツコミュニティ
フィギュアスケート観戦チケットページTwitter
チケットレップ
スポーツページTwitter
StubHub
フィギュアスケート観戦チケットページ
GPS/GPF2019を取り扱うツアー会社
パーパスジャパン
フィギュアスケート観戦ツアーページTwitter
HIS
フィギュアスケート観戦ツアーページH.I.S.フィギュアスケートTwitter
JTB
フィギュアスケート観戦ツアーページJTBスポーツTwitter
KNT
フィギュアスケート観戦ツアーページ
スポンサードリンク




フィギュアスケート2019-2020の完全スケジュールカレンダー
※緊急情報があった場合、こちらの該当日に記載しています。

79 Responses to “GPSグランプリシリーズ2019-2020の日程・出場資格・アサイン速報”

  1. より:

    管理人さま、お邪魔いたします。
    どこのカテゴリーに書き込んだらよいのかわからず、悩んだ末にこちらにコメントすることにしました。

    既に読まれたかもですが、ISUの審判倫理規程についてふれた記事がでてましたので、共有します。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190708-00839937-number-spo
    明らかにおかしい採点が減るなら、喜ばしいことですが、この問題は根深く、結構時間かかりそうな案件ですね。

    • 管理人 より:

      蒼さん

      情報ありがとうございますm(__)m
      本件、ルール記事に追記しております。
      少なくともフェアな裁定を目指そうとしているという意味で評価できる動きだと思います。

      • より:

        管理人さま、おはようございます。
        既出でしたか。大変失礼いたしました。
        ルール記事の追記確認いたしました。
        昨シーズンは新ルールについていくために必死に読んだのですが、今季は大きな改変は回転不足の減点が緩和されるくらいかな〜と、読んでませんでした。申し訳ないです。

  2. まいか より:

    アサイン発表されたのを見てひとつ思ったことがあります。
    香港のイー・クリスティー・レオン選手の名前がどこにも無かったのですが、彼女は今シーズンもジュニアなのでしょうか?それともWSやSBのランキングが及ばなかったのでしょうか?
    彼女はシニアの大会に参加できる年齢ですし、実力もあるのでなんでかな?って気になりました。

    • 管理人 より:

      まいかさん

      渋い選手に注目してますね。
      とはいえ、昨季はすごく上手になっていたので、私も一目置いていました。
      情報が入りにくい選手ですので正確にはわかりませんが、シニアに上がってくる可能性は高いと予想します。
      ただ、WSやSBのランキングからはGPシリーズにアサインされるのは難しかったですね・・・
      開催国なら自国枠に入れられるんですけど・・・
      ちなみに6月に行われたBroadmoor Openではシニア女子に出場していましたよ。
      (こちらはジュニアでもシニアで出場できる大会ですが・・・)
      ジュニアかシニアかはJGPまたはCSあたりのエントリーで判明すると思います。

  3. クローバー より:

    カナダの今シーズンのナショナルチームが出て、女子シングルの選手が3人しかナショナル登録されてなく、そしてアレインチャートランド選手がナショナルチームに入ってないのがとても気になりました、ナショナルチャンピオンなのに。よく考えれば、GPシリーズのアサインもオーロラ選手が選ばれてアレイン選手が選ばれてないのもおかしいですよねナショナルも世界選手権もチャートランド選手の方が成績上でしたし。今シーズン出る気がないのかもしれません。

    • 管理人 より:

      クローバーさん

      私もあれ?と思って、ちょっと調べたのですが、もしかすると引退になるのかもしれません。
      アレイン選手のインスタを見ると引退を臭わすコメントをしていますし、今後は学生に専念するという噂もあるようです・・・
      正式な発表はないので、情報を待つしかないのですが・・・
      [その後追記]
      7/4に新しい情報の記事(その後出た日本語記事)がアップされました。
      アレイン選手は引退ではなく休養だそうです。
      (お父さんの発言ですが、うまくいけば、カナダナショナルには戻れると語っています)

  4. ねこ より:

    管理人様
    こんにちは。
    GPSのアサイン決定の仕方について教えてください。
    私は今まで、ランキング上位の選手から希望の試合を選択していく=決定 だと思っていましたが、必ずしも希望通りにいくわけではないようですね。
    実際は本人の希望を出した上で連盟が調整し決定するということなんでしょうか?

    • 管理人 より:

      ねこさん

      アサイン決定方法についていろいろ話題になっているようですね・・・
      決定過程がオープンになっていない以上、本当のことはわかりませんし、想像の域を脱することはできません。
      ただ、選手が希望を出した上で各国連盟の調整がないと決めることができないのは確かだと思います。

      • ねこ より:

        管理人様
        アサインについてお答えいただきありがとうございました。
        各国スケ連の調整もあるのですか。やはり、選手の希望通りに決定されるわけではなさそうですね。
        どの試合であっても選手のみなさんが一生懸命 試合に臨む事は変わりないので、私もみなさんの姿だけを見て全力で応援したいと思います。
        お忙しい中 ありがとうございました。

  5. クローバー より:

    注目選手にガブリエルデールマン選手は入れないのですか?ウンス選手を入れるならデールマン選手を入れてもいいと思います。実績はデールマン選手の方がはるかにすごいですからね。

    • 管理人 より:

      クローバーさん

      あくまで管理人が考えるイメージで書いていますが、書く人によって違ってくるものだと思います。
      一定の区切りをつけないと書けないことですので、受け入れていただけますと助かりますm(__)m

      • クローバー より:

        了解です。今シーズンの世界選手権はカナダ、デールマン選手に頑張って欲しいですね。

      • 管理人 より:

        クローバーさん

        はい、素敵な選手であることは間違いないですし、病を乗り越えて頑張って欲しいですね!

  6. より:

    今回のアサイン、昌磨くんがファイナルの前にネイサンとあたるとか、さっとんが連戦だとか、ザキトワがロステレ回避とか、ハンヤンがしれっと復活とか、ウィーバー&ポジェが欠場とか、気になる点は多々ありますが、一番気になるのはやはり大ちゃんの動向です。
    大ちゃんてカムバック権利ありますよね。行使すれば、NHK杯のTBDでなくても出られるような気がするんですが。↓参考記事
    http://sthmytkh.blog108.fc2.com/blog-entry-3558.html?sp

    • 管理人 より:

      蒼さん

      カムバックシードを使う場合、「休養からの復帰」という条件がある気がするんです。
      2019-2020シーズンの高橋選手は復帰ではないので使えないんじゃないでしょうかね・・・
      本郷選手もカムバックシードを使えたはずなのですが、休養してないので使えなかったと考えています。
      もしかすると国際大会に出場してなければ、使えるのかもしれませんが・・・
      (アサインってグレーな部分が多くてよくわからなかったりしますw)
      カムバックシードとは関係なく、高橋選手がアサインされる可能性はあると思います。

  7. nami より:

    批判ではなくお願いなのですが「紀平選手は勝ち抜くとここから連戦になりますね・・・」という言い方はNHK杯出場の女子選手の中でファイナルに行けそうなのは紀平選手だけと言われてるみたいで、山下選手のファンからしたら可能性をまったく否定されてるようで寂しいです。
    できれば最終戦出場選手で2戦アサインされているのが2選手いるならどちらか1選手の事だけ書くのではなく、むしろ書かないで頂けたらありがたいです。
    昨季なら紀平選手だけ名前を挙げられていると三原選手は可能性がないと思われてるということと同じことかなと思います。
    私は昨季悔しい思いをした選手の方が躍進するシーズンとなると思っているので日本選手は応援してますが特に山下選手、樋口選手には頑張ってほしいと思っています。

    • 管理人 より:

      namiさん

      配慮が足りなくて申し訳なかったです。
      本記事の※印コメントは消しました・・・

      すべての選手に頑張ってほしいという気持ちは一緒です。
      コメントはあくまで観戦を楽しむための一つの見どころを書いたつもりでした。
      たくさんの人にフィギュアスケートに興味を持ってほしいという気持ちがありますので、そのきっかけとなることを書きたいんですね・・・
      それでも今後は少し考えていきますねm(__)m

      • ケム より:

        管理人様

        初めまして、何時も楽しく拝見させて頂いております。

        様々なご意見に対して配慮をする事は大事だと思い
        ます。その上で、ここは管理人様のスペースでもあり
        ますので、のびのびとコメントされたら良いと私は思
        います。

        ちょっと感じたこと書かせて頂きましたm( _ _ )m

      • 管理人 より:

        ケムさん

        励ましありがとうございます。
        嫌な思いはさせたくないので、配慮は忘れずに、それでものびのび書いていきたいなと思いますm(__)m

      • nami より:

        お気遣いありがとうございます。
        私は山下選手のファンなので来季こそはファイナル行ってほしいと思っていたのでつい気になってしまって
        ただここで勝ち残った選手は連戦になるという言い方なら今後どの選手が当たってもどの選手のファンの方が見ても気分を害すことはないと思います。なんて偉そうに言ってしまってすみません。
        それにしても他の方が仰るように来季のアサイン色々??が多いですね。宮原選手やテネル選手、ヴィンセント選手など連戦でザギトワ選手がロシア選ばなかったり…
        でもGPSのアサイン予想してたんですが私はそこそこいい感じに当たっていて我ながらびっくりでした!!
        予想↓
        女子
        1戦:坂本樋口本田
        2戦:紀平三原横井
        3戦:宮原山下白岩
        4戦:坂本樋口本田
        5戦:宮原三原白岩
        6戦:紀平山下細田
        男子
        1戦:友野島田
        2戦:羽生田中山本
        3戦:宇野須本
        4戦:田中島田
        5戦:羽生友野
        6戦:宇野山本須本

        さらに選手のキーホルダー山下選手坂本選手友野選手をゲットしたらこの3選手が同じスケアメにアサインされたりとなかなか来季は運が向いてきてる気もします!
        TBD、男子は須本選手、女子は1戦の本田選手横井選手の中からCSの出来を見て判断するのかなと思ったりしてます。
        ただ個人的には細田選手SBなくて無理かなと思いつつ強化AなのでCSだけではもったいないのでTBDで出てほしいと思っています。

      • 管理人 より:

        namiさん

        お!すばらしい予想でしたね!
        細田選手・・・私も頭の中にあって、ひそかに選ばれないかなと思ってましたよ。

  8. あき より:

    管理人さん、こんばんは!
    いつも情報ありがとうございます。
    FaOI幕張最終日を観て、魔法がとけ始めた今日この頃、GP始まるんだなーとアサイン情報を確認しました!(^.^)有力選手の予想を立ててたのですが、だいたい外れました(笑)
    NHK杯はチケット争奪戦ですね。
    宇野選手の動向も気になります。もしかしたらコーチ不在でシーズンを戦うと言うし。勝ちたい気持ちが伝わってきて、良い変革につながってほしいです。

    • 管理人 より:

      あきさん

      まったく同じ心境です。
      FaOIでは私も魔法にかかりましたw
      宇野選手は試行錯誤が続くでしょうが、きっとうまくいくと信じています!
      来季(もうすぐ今季)も楽しみですね!

  9. mimi より:

    NHK杯、羽生選手来ましたね~
    山本選手もがんばってほしいです。
    紀平選手、山下選手、海外からもザギトワ選手、コリヤダ選手そして、そして・・・パパシゼですか!!!
    うわー、見たい見たい見たい!!!
    でもチケット争奪戦は熾烈になるでしょうねええ。
    取りあえず、宿予約しました。
    そして本郷選手も出られるといいなあ。

    • 管理人 より:

      mimiさん

      みんな言っていますが、NHK杯は出場選手がヤバすぎですよねw
      チケット入手はかなり至難になると思います・・・
      お互い頑張りましょう!

  10. s.hill より:

    今日はアサイン決まりましたね!
    羽生結弦選手と山本草太選手が同じ試合なので嬉しいです。
    NHK杯のTBD枠ですが、昨年は7月下旬に選考会が行われ、山本草太選手と紀平梨花選手に決まったのですが、今年の選出方法は違うのでしょうか?
    出来れば須本光希選手と本郷理華選手がでられるといいな。

    • 管理人 より:

      s.hillさん

      自国枠TBDはある程度選択の自由度が高いと思います。
      今回は日本スケ連がどういうふうに考えているかわからないのですが、別に試合の直前に決めてもかまわないのではないかな?
      選手にとっては準備を必要としますので、直前では困りますけどね・・・
      須本光希選手と本郷理華選手・・・たしかに出られるといいですね!

  11. クローバー より:

    リンドフォース2試合良かったです、昨シーズンヨーロッパ選手権3位ですしね。今シーズンもコストナー選手が出ないとなると今年はヨーロッパ選手権でルナヘンドリクス選手とリンドフォース選手が案外ロシア勢に牙をむけるかもしれないですね。

    • 管理人 より:

      クローバーさん

      渋い選手に目を付けていますね!
      ヘンドリクス選手やリンドフォース選手も大きな成長が感じられますね!
      ただ、女子は本当に熾烈です・・・
      ファイナルにはロシア選手しか残らないかもしれないですし、意外に日本選手が頑張るかもしれません。
      私は基本的に日本選手応援なので、たくさん残ってほしいなと思います。

      • クローバー より:

        今思ったけどカナダの男子シングル3枠はともかく世界選手権2枠は欲しかったですね、ナムグエン選手が頑張って自力で2戦勝ち取って4人2戦なのに、今年からシニアデビューするジュニアの強力選手コンラッド選手もいます。アメリカは3枠あるのでネイサン、ジェイソン、ヴィンセントの3人で固定、ネイサンは4大陸出ないから4大陸は樋渡選手が出るみたいな感じだと思います。今年はカナダ男子シングルが激戦になりそう。後ファイナルにはガブリエルデールマン選手にぜひ行って欲しいですね、久々のスケートカナダですし、後テネル選手とマライア選手にもぜひ行って欲しいですね。ところでカレンチェンジ選手はカムバックシードを使ったのかな?昨シーズン休養してましたしね。

      • 管理人 より:

        クローバーさん

        いろいろな想いがどんどん湧き出ていますねw
        私があれ?と思ったのは、カナダのアレイン選手がアサインされてなかったことです・・・
        たしかにカレン選手はカムバックシードを使っての復帰だと思いますね!

  12. アイリーン より:

    いつも有難うございます。

    グランプリシリーズアサイン発表と共にチェックしておりました。

    日本ペアは現時点で出場資格を満たしているわけではないので(確認したらWS35位、SB43位でした)TBDというところでしょうか。
    日本のTBDですし順当に行けば選出されるとは思うのですが。

    個人的にハン・ヤン選手の名前を見つけて喜んでましたが、管理人様もコメントされていて嬉しいです。

    女子のTBDは実力ひしめく選手が多いので、CSの結果次第で今は読めないですね。

    須本選手のシニア参戦が結構突然の公表?でしかもこのタイミングであることに驚きました。
    記憶にある限りでは昨シーズン本人からそのような言動はありませんでしたし、その前年にはできる限りジュニア残留を明言していましたし。

    男子TBD枠は有力視されていた山本選手が物理的にあり得ないので、島田選手か須本選手か高橋選手か…

    昨年は色々とタイミング悪く須本選手の実績がイマイチに見えてしまう結果でしたが、本来シニアに引けを取らない実力があるはず。

    ポテンシャルをとるか昨年度実績をとるか、カムバックをとるか…
    というところでしょうか。

    • 管理人 より:

      アイリーンさん

      アサイン考察ありがとございますm(__)m
      あーかな、こーかなといろいろ考えてしまいますね。
      私もアイリーンさんとほぼほぼ同じ見解です。
      日本のTBDはドキドキしながら待ちましょうw

  13. クローバー より:

    日本女子シングルTBD含めて数えても17だから最大18枠確保できてない、スケートカナダ2人だから、でもスケートカナダでだれか棄権したら日本人選手が1人入れる可能性も十分にありますね本郷理華選手とか。NHK杯TBDはCSシリーズの結果次第では本郷理華選手にもチャンスはあるかもです。それにしても、今回のアサインは宮原知子選手とテネル選手とヴィンセントジョウ選手にひどいですね。特に宮原知子選手白岩選手か山下選手のとこと取り替えれば連戦にならないのに。NHK杯TBDはGPSの結果見てだと遅いから去年もTBD発表早かったのでおそらくCSシリーズの結果を見て決める可能性が高いですね。

    • 管理人 より:

      クローバーさん

      今回の女子は最大18枠を使いきれなかったのが残念ですね・・・
      NHK杯のTBDは誰が選ばれるのか注目ですね。
      CSを見てから判断するという可能性もありそうですね。

  14. ちー より:

    素早い情報ありがとうございます。
    高橋選手についてなんですが、カムバックシード権が確か有ると思うのですがどうでしたっけ?
    もし有るのでしたら、NHK杯に出られるかと思います。
    個人的には島田選手がもう一枠か須本選手が一枠確保出来れば良いかなと思ってます。

    • 管理人 より:

      ちーさん

      カムバックシードは前シーズンを休んでいないと使えないかと思います。
      それでも自国枠なので、高橋選手が選ばれる可能性はありますね。
      TBDがどうなるか判断がつかないですね・・・

  15. Mameta より:

    いつも素早い更新ありがとうございます!!アサインの発表を心待ちにしておりました。

    スケアメとスケカナのチケットは購入済みで、当方今アメリカのシアトル在住です。どちらも会場はそこまで遠くはないんですけど、1週間違いと言うことで、仕事が休めるかどうかが心配です(>_<) でも、今まで羽生選手の演技を生で観たことがないので、スケカナは絶対行かねばと思っております! 怪我なく、無事に参加してもらえたらと思います。

    • 管理人 より:

      Mametaさん

      お!スケアメとスケカナのチケットを購入済みなのですね!
      羽生選手がスケカナに決まったので、すごい強運です!
      ぜひぜひ楽しんできてください!
      全力応援もお願いしますm(__)m

  16. ニコラス より:

    相変わらず、アサイン発表から素早い更新をありがとうございます(^^) NHK杯のTBDですが、横井選手の一戦目の結果を待ってからの決定となると、あまりに遅過ぎはしないでしょうか?

    • 管理人 より:

      ニコラスさん

      たしかに・・・
      ちょっと表現を変えましたが、スケ連がどう考えているのか知りたいですね。
      現状としてはまったく白紙なのかもしれませんが・・・

  17. ぴいち より:

    ISU公式のトップニュースにて一部発表になってるみたいなんですが
    ネイサン スケアメ フランス
    羽生 スケカナ NHK
    ビンセント 中国 ロシア
    宇野 フランス ロシア
    ボウヤン スケアメ 中国
    コリヤダ 今年も羽生君と一緒!紀平さんも一緒

    シード選手とジュニアチャンピオンだけざっくり+新葉ちゃん
    みたいな・・・・
    ビンセントはメダリストなのに紹介文が無い!?

    • 管理人 より:

      ぴいちさん

      アサイン速報ありがとうございますm(__)m
      記事を書いてから、じーっといつまでもアサインを眺めていました!
      それだけでどんどん楽しくなれるから不思議ですねw

  18. Hoshino より:

    こんにちは。いよいよ明日アサイン発表ですね。
    個人的にはダニエル•サモヒン選手が2枠もらえるか、そしてどこに出場するのか気になります。
    あと、羽生結弦選手はやはりひとつはNHK杯になるのでしょうか。そうなったらあとひとつはどこになるか気になります(^^)

    • 管理人 より:

      Hoshinoさん

      いよいよですね!
      サモヒン選手のファンなのですね!2枠もらえるといいですね!
      羽生選手はどこを選んでくるかいろいろシミュレーションしてみたのですが、結局よくわからないです・・・

      私が気になっているのは、「NHK杯→ファイナル→全日本」の日程が超過密なことです・・・
      NHK杯に入るトップ選手は体力面で大変そう・・・

      • Hoshino より:

        サモヒン選手はここ最近の大会で厳しい結果ばかりなので2枠もらえるか心配ですが、純粋に演技が好きです!
        アメリカに来るなら見に行きたいと思ってますが、初の海外になるので、ホテルの場所とか不安たくさんです…

        そうですか…結弦選手は最後のNHK杯にエントリーとなるとスケジュール、体力的に厳しい戦いになるのですね。怪我の具合は回復しつつあるのですが、4Aを跳ぶ可能性もあるのでしょうか?

      • 管理人 より:

        Hoshinoさん

        サモヒン選手はフランス杯でしたね。
        1枠でしたけど、取れてよかったです。
        羽生選手はやはりNHK杯に入りましたね。
        その後の日程が大変ですが、全力応援します。
        4Aに関しては練習は始めているようですが、GPSで構成に組み込めるかはまだなんとも言えないかな、と・・・
        それでもいつかは跳んでくると思うので期待しましょう!

      • Hoshino より:
  19. アイリーン より:

    管理人様

    いつも最新情報有難うございます。
    グランプリシリーズのアサイン、本当に楽しみです。

    三浦、市橋組も1大会はもらえると期待して良いですかね…?

    もうご存知かと思いますが、先日、高橋大輔選手が国際大会への意欲を名言されましたね。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16626907/

    グランプリシリーズもミニマムが無いから無理だろうけど出たい気持ちはある。
    B級国際大会にも出るかも…と。

    正直、昨年の感じからは全く想像できなかったので意外でした。

    順当に考えればグランプリシリーズに高橋大輔選手が出場する資格はないことになりますが、昨年の全日本選手権を思い返すとスケ連は彼を出場させたい気持ちがあるように見えます。

    グレーゾーンで1大会出場くらいはあり得るのかも…。
    個人的には強化指定も受けたんですし、順当にB級国際大会からいったほうがいいと思っておりますが。

    • 管理人 より:

      アイリーンさん

      わくわく情報ありがとうございますm(__)m
      高橋選手の方向転換にはびっくりしましたね。
      もしアサインされるとしたらNHK杯でしょうが、どうでしょうかね・・・
      NHK杯は1名をTBD(未定)にして様子を見ることも考えられますね。
      あーかな、こーかなと妄想は広がりますが、もうすぐ発表です!

  20. クローバー より:

    1番大好きなスケーターのケイトリンオズモンド選手が引退してしばらくショックで落ちこみました、ようやく少し回復したのでアサイン予想してみました。

    スケートアメリカ 宮原、本田、白岩
    スケートカナダ 坂本、山下、樋口
    フランス杯 本田、三原、紀平
    中国大会 本郷、山下、坂本
    ロステレコム杯 紀平、樋口、白岩
    NHK杯 本郷、宮原、三原

    本郷理華選手はやはり過去の実績で2戦アサインされると思います。
    世界ランクが1番上の宮原さんがNHK杯かなと思い、あとはそれぞれの選手がよく出るなーってイメージで予想しました、本郷、選手は個人的に中国大会のイメージが強くて、宮原さんはスケートアメリカとNHK杯のイメージか強くて、三原さんはフランス杯のイメージが強いのでこう予想してみました。

    • 管理人 より:

      クローバーさん

      アサイン予想ありがとうございますm(__)m
      お!本郷選手が2枠ですか!?
      優先権から言うと、NHK杯は紀平選手がINする気がしますが、どうなりますかね・・・
      予想するのも楽しいですねw

      • クローバー より:

        本郷理華選手は日本女子の中で1番大好きで個人的にすごいファンなのでぜひ2戦になってほしいとおもいます。本郷理華選手は何と言っても4大陸で2回表彰台に上がってますし、過去の実績はかなりのものです。最悪1試合は確実だと思います、例えば、本郷理華1試合、横井1試合とか。細田選手は世界ランキングとSBを持っていないので残念ながら出場はないと思います。個人的な意見では1試合ずつ1人で分けるより、2試合同じ選手を出した方がファイナルの可能性もありますし、おそらく本郷理華選手が過去の実績で2戦でそのかわり横井選手にはチャレンジャーシリーズに多く出して3戦出すとかそんな感じになるかなと思ってます。

      • 管理人 より:

        クローバーさん

        私も本郷選手の演技にはいつも惹かれています。
        2枠取れるといいですね!
        みんなが2枠確保できるとうれしいのですが、そういうわけにはいかないのが辛いですね・・・

  21. ちー より:

    おはようございます!
    アサイン早見表の説明文の2018アサイン〜は2019ですよね?

  22. ななこ より:

    アサイン予想の日程は、現地時間でしょうか?
    日本時間でしょうか?

    • 管理人 より:

      ななこさん

      一応日本時間の予想です。
      ただ、あくまで過去の発表からの予想なので外れたらごめんなさいm(__)m

  23. のんまる より:

    こんにちは^_^ いつもこちらのサイトに大変お世話になっております。最新の世界ランキングも発表されましたね!
    今年のgpsのアサインすごく気になります、、
    特に本田真凜選手の枠が気になります(^^;;
    本郷選手がカムバックシードを使えないとしたら
    どうなりますかね? また、横井選手以外のジュニア組がシニアに上がってきたとしたら現シニア組に影響するのでしょうか?
    初心者で何も分からなくて

    • 管理人 より:

      のんまるさん

      コメントありがとうございますm(__)m
      GPSはシード選手は2枠確定といっていいのですが、招待選手の場合はなんとも言えないところです。
      他に言えるのは権利を何も持ってない選手が2枠獲得するのは難しいということぐらいですかね。

      本郷選手はGPS出場が厳しいかもしれません・・・
      横井選手以外のジュニア日本女子選手ががシニアに上がってもGPS出場は厳しいかなと思います・・・
      ・・・という予想はできても、日本女子とロシア女子はどうなるか本当に読めないですね・・・
      アサインを楽しみに待ちましょう!

  24. mana より:

    カムバックシード権についてですが、
    GPシリーズシード選手 について以下のように書かれています。a.2014年世界選手権の1位から6位までの選手をシード選手とする。シード選手には、くじ引きによって2大会が割り当てられる。
    b.過去10年間の世界選手権で上位6位に入った選手が復帰する場合、一度だけ2枠の出場枠を得ることができる。また、出場のためのミニマムスコアを満たす必要は無い。
    c.もしシード選手または復帰する選手が、割り当てられたどちらかの大会を欠場する場合、それが医療上の理由であったとしても、他の大会への新たな割り当てはない。
    d.ここまでで欠員があった場合、2014-2015年シーズンのベストスコアが2013年世界選手権の上位6名と同等かそれ以上の選手が優先的にシード選手になる。

    本郷選手のカムバックシード権はこの中のbのことですよね?
    ただ、この場合復帰した場合として書かれており本郷選手は昨季GPSに出場していましたし欠場シーズンはありませんでしたから当てはまらないのでは?と思ったのですが違うのでしょうか?
    当てはまるのは男子の高橋選手だけでは?
    本郷選手には悪いのですが強化Aに指定された細田さんに1戦だけでも当ててほしいです。細田さんは海外試合に出てないのでSBもWSもないのでやっぱり開催国枠すら無理なのでしょうか?
    SB、WS、全日本結果を考えると坂本、紀平、宮原、三原、樋口、山下、白岩、本田2戦、横井、細田1戦が妥当ですよね。もし本郷選手が2戦使うと本郷選手より上の本田選手すら1戦になり可哀想だと思います。本田選手が2戦となると横井選手がGPSなしになりますよね?
    また最大18枠になるかは分からないですよね?

    • 管理人 より:

      manaさん

      > b.過去10年間の世界選手権で上位6位に入った選手が復帰する場合、一度だけ2枠の出場枠を得ることができる。また、出場のためのミニマムスコアを満たす必要は無い。

      本当ですね・・・
      となると・・・本郷選手のケースでは使えないことになりますね。
      (休養してなくてもカムバックシード権が使えるかは気になっていたので、Wikiが正しく書き換えられたかもしれません)
      とりあえず「復帰する場合」という但し書きがある以上、復帰がないと使えないと理解してよいと思います。
      本記事のカムバックシード権の部分を修正しました。
      重要なご指摘ありがとうございましたm(__)m

      > 細田さんは海外試合に出てないのでSBもWSもないのでやっぱり開催国枠すら無理なのでしょうか?

      開催国枠に関しては、選手全体のバランスは取るでしょうけど、日本スケ連の裁量で決められる部分と思っています。
      なので、最終的なアサインはまだなんとも言えないと思います。
      海外選手の動向にもよりますので、最大18枠を確保できるかどうかも・・・
      アサインは楽しみですが、胃の痛い日でもありますね・・・・

  25. ぐびぐび より:

    すみません、このサイトの「シード選手」最初の文、2018年3月開催の世界選手権…は2019年の間違いですよね?

    • 管理人 より:

      ぐびぐびさん

      ご指摘ありがとうございますm(__)m
      間違いですので修正しました!

  26. ぐびぐび より:

    初めてコメントいたします。このサイトは私にとって、なくては成らないものです。管理人様、多くの情報(しかも愛に溢れた)ありがとうございます。
    今日は強化選手の発表を見て以前から疑問だったことを質問させてください。強化選手に指定されると選手にはどんなメリットがあるのですか?中京大のリンクが優先的に練習に使えるとかは、聞いたことがあります。金銭面(海外遠征の渡航費)等の優遇とかは、あるのでしょうか?

    • 管理人 より:

      ぐびぐびさん

      いつも見ていただいてありがとうございますm(__)m
      強化選手のメリットについて正確に理解していなかったので、規定はないかと調べたのですが、日本スケ連のサイトには書いてないですね・・・
      私の理解としては、1.活動費の補助(月額いくらと)、2.国際B級大会へ派遣可能(補助もある)、3.ナショナルトレーニングセンター(中京リンク等)の使用権があるというふうに思っています。
      なお、調べている最中に強化選手の行動規範なるものを見つけました。
      → スケート強化指定選手・強化スタッフ行動規範
      こんな規範があったのですねw

      • ぐびぐび より:

        調べて頂きありがとうございます。強化選手の行動規範を読みました。w
        これでいくと、他の選手はともかく一度引退した高橋選手は窮屈なのではないかと心配してしまいますw

  27. ショパン より:

    強化選手発表されましたね
    GPSアサイン次第でまた変わりますかね
    個人的草太君がBで驚きなのと、細田さんがAに入ってるのがとてもうれしいです

    • 管理人 より:

      ショパンさん

      強化選手が発表されると一喜一憂してしまうのですが、今後まだまだ変わると思います。
      それでも細田選手が強化Aに入っていたのは、現役続行ということですのでうれしいですね!

  28. クローバー より:

    早速来シーズンの情報ありがとうございます。個人的な感覚ですが来シーズンはオリンピック後休養してた選手が次々と戻るのでケイトリンオズモンド選手、アシュリーワグナー選手をはじめロシアと日本以外のカナダとアメリカのGPS参戦者が増えると思いますね。日本女子の個人的な見解ですが本郷理華選手はここでカムバックシード使わなかったらいつ使うんだってなるのでおそらく使ってくると思います。個人的予想では本郷理華(カムバックシード権を使い)宮原、三原、坂本、紀平、樋口、山下は2戦確定で、最終的には本郷、宮原、三原、坂本、紀平、樋口、山下、本田、白岩で2戦で横井選手は無しだと思います。

    • 管理人 より:

      クローバーさん

      アサイン予想ありがとうございますm(__)m
      本郷選手がカムバックシード権を使うかどうかは一つのキーになりますね。

      復帰選手で気になっているのは、10月初旬~11月末にわたって開催されるROCK THE RINKというアイスショーの出演者にオズモンド選手とカロリーナ選手の名前があることです・・・
      もしかすると、この2選手のGPSでの復帰はないのかもしれないです・・・
      ROCK THE RINK公式サイト
      【追記】
      その後、5/3にオズモンド選手の現役引退が発表されました・・・
      【追記】
      その後、5/8にアシュリー選手と長洲未来選手がGPSをスキップする情報が出ました。

      • ニコラス より:

        すみません。本郷選手に適用されるというカムバックシード権とは、どのような選手が対象となるのでしょうか?

      • 管理人 より:

        ニコラスさん

        シード選手の説明に書いてあるのですが、わかりにくくてすいません・・・
        カムバックシード権を使えるのは「過去10年の世界選手権でベスト6に入ったことがある選手」が対象になります。
        本郷選手は2015年の世界選手権で6位の成績を収めています。

      • クローバー より:

        オズモンド選手とコストナー選手の情報ありがとうございます。コストナー選手はGPSには出ないのはある程度予想できたんですが、オズモンド選手は驚きでした。さて、今日特別強化選手が発表されて本郷理華選手と本田真凜選手が外れたので、本郷理華選手はカムバックシード権を使ってくる可能性が高いですね。

      • 管理人 より:

        クローバーさん

        カムバックシード権推しますねw
        アサインを楽しみに待ちましょう!

      • ニコラス より:

        カムバックシード権についての説明、書いて下さっていましたね。失礼いたしました。となると、ラジオノワ選手、ポゴリラヤ選手などもワールドで6位以内に入ったことがあるので、GPS出場権がないわけではないですよねぇ…ロシア女子は定員オーバー状態だから権利を行使できないのでしょうか。なんだか納得がいかないです…。

      • 管理人 より:

        ニコラスさん

        たしかにラジオノワ選手、ポゴリラヤ選手にもカムバックシード権がありますね。
        ただ、ラジオノワ選手は背骨の病気でずっと苦しんでいます・・・
        ポゴリラヤ選手は結婚してから自らを元フィギュアスケーターという言い方をしていますので戻ってこないかもしれません・・・
        いずれにせよ、カムバックシード権は国によっては連盟の許可を得ないと使えないというふうには感じますね・・・

    • 管理人 より:

      クローバーさん、ニコラスさん

      manaさんより重要なご指摘をいただきまして、カムバックシード権についての文章を4/28に修正しました・・・
      いろいろ混乱させてしまって申し訳ございませんm(__)m

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ