スポンサードリンク


■2022-2023シーズン速報
フィギュア完全カレンダー
※毎日更新
全大会日程・結果一覧
※随時更新
2022年9月・10月試合タイムテーブル比較表
※よかったら活用してください!
げんさんサマーカップ2022
※山本草太、三原舞依優勝!
USクラシック2022
※河辺選手3位、ココ7位!
ロンバルディア杯2022
※渡辺選手優勝、坂本選手2位、島田選手2位!
ネーベルホルン杯2022
※友野選手4位、みゆしょう10位!
国内6ブロック大会2022
※9/30-10/2東京B・中四国九州B開催!
ジャパンオープン2022
※10/8開催!
ジュニアGPシリーズ2022
※9/24に第5-7戦目再割当て発表!9/28-10/2第5戦目開催!
シニアGPシリーズ2022
※7/22にアサイン発表!IN/OUTは随時追記!
GPS第1戦 スケアメ2022 NEW!
※鍵山、三宅、三浦、松生、坂本、かなだい出場!10/20-24開催!
GPS第1戦 スケカナ2022 NEW!
※三浦、宇野、樋口、紀平、横井、りくりゅう、ココ出場!10/27-31開催!
ルール改正2022-2023まとめ
アイスショー2022完全一覧
男子新プロ2022-2023一覧
女子新プロ2022-2023一覧
ワールドスタンディング
※9/25にネーベルホルン杯2022反映更新!友野選手12位!
歴代最高得点ランキング
※9/25にネーベルホルン杯2022反映更新!

GPSグランプリシリーズ2022-2023の日程・アサイン(出場選手)等の情報速報

2022年10月末からフィギュアスケートの「グランプリシリーズ2022-2023(GPS・GPシリーズ)」の試合が始まります。

GPSはスケートアメリカ2022(アメリカ大会)、スケートカナダ2022(カナダ大会)、フランス杯/フランス国際2022(フランス大会)、NHK杯2022(日本大会)、中国杯(中国大会)2022、ロステレコム杯/ロシア杯2022(ロシア大会)の計6大会で構成されています。
しかし、今季はコロナに加え、国際情勢不安定の影響を受け、すでに中国大会とロシア大会の中止が決まっており、代替え開催地を決めなければなりません・・・
無事に6つのGPSが開催されれば、12月にその頂点を決めるグランプリファイナル2022(GPF)が開催されます。

本記事ではアサイン(エントリー/出場選手)発表を中心に、グランプリシリーズ2022の最新情報を速報で更新していきます。
無事開催されることを祈って、2022-2023シーズン前半戦を存分に楽しみたいですね。

※9/1にNHK杯2022のTBD枠発表&三浦選手スケアメIN
※7/22に念願のアサイン発表
※7/22にNHK杯2022のチケット情報発表
※7/21にGPS第4戦目がシェフィールド開催確定
※7/19に羽生選手が決意表明の記者会見
※7/15に「アサインは7/18までに発表」と新たな報道→残念ながら発表なし・・・
※7/11に2つのGPS代替え開催地が確定・・・しかし、7/14に異変・・・
※7/9にアサインは7/15 or 7/16になるとの情報
※6/29にアサインは7月中旬に延期との情報
※6/15にアサイン発表日が6/30との情報

スポンサードリンク

Contents

グランプリシリーズ2022の最新情報

グランプリシリーズ2022に関する最新情報が出るたびに更新していきます。
下に行くほど新しい情報になります。

7月21に全開催地が決まり、7月22日にアサインの発表がありましたので、一部記事を閉じました。
見たい方は、開いてご覧ください。

2つの恒例GPSが開催不可に


”記事を開く”
ISUはウクライナ問題により、すでにロシア・ベラルーシ選手の国際大会参加不可を打ち出していましたが、さらに2022年4月25日にロシアで国際大会を開催しないことを決定しました。
その後、5月10日に中国でもCOVID-19を理由に中国杯キャンセルの情報がありました。

つまり、今季は「中国杯」と「ロステレコム杯」は開催されません。
ISUはロステレコム杯の代替え開催地を募集していますが、すでにフィンランドスケート協会がヘルシンキ開催の入札を提出したとの情報があります。

代替え開催地が早く決まることを望みます。
・・・と同時に、一日も早い平和も祈ります。


アサイン発表日は6/30との情報


”記事を開く”
6月15日に米フィギュアスケート記者のフィリップ・ハーシュさんからアサイン発表日についてのツイートがありました。

アサイン発表日は、6月30日(木)とのことです。
(あくまで間接情報なので、多少ずれる場合もあるかもしれません)

さらにロステレ杯の代替え開催国はフィンランド、中国杯の代替え開催国はまだわからないとの関係者談情報も同時に記載してくれました。


アサインは7月中旬に延期との情報


”記事を開く”
6月29日にフィリップ・ハーシュさんから「6番目のイベントの場所が決まるまでアサインは延期され、おそらく7月中旬になる」とのツイートがありました。
中国杯の代替え開催地はまだ決まってないのですね・・・



7/4にGPS6戦目はキャンセルの可能性があると報道


”記事を開く”
2022年7月4日になぜかロシアメディアのMatchTVからGPSに関する報道がありました。

現時点で中国杯の代替え開催への応募は、どの国からもないようです。
ISUは韓国での開催を、新ISU会長のジェエルキム氏が貢献してくれると期待していましたが、財政的な観点から問題を解決できないでいる模様。

そのため、GPS第6ステージはキャンセルになる可能性があると・・・
キャンセルされた場合、GPSは全5戦で争うことになります。
この問題に関する最終決定は、7月14日(木)に発表されると報じています。
記事

さらに7月6日にMatchTVは、ISUがロステレ杯の代替え開催地(フィンランドが候補)を正式に発表していない以上、選手のアサインは進んでいない(順番待ち状態)と意味深な記事も・・・
記事


7/5にISUのGPSページが2022-2023版に更新

2022年7月5日にISUサイトのグランプリシリーズページが2022-2023版に更新されました。
アサインが発表された際には、以下ページにリンクされます。
ISUグランプリシリーズ2022ページ

7/7よりグランプリ派遣選手強化合宿


”記事を開く”
日本スケ連では、7月7日から7月10日までの日程で、全日本合宿が行われます。
場所は「軽井沢風越公演アイスアリーナ」、目的は「グランプリ派遣選手強化合宿」です。

7月9日に公開練習があり、参加選手が判明しました!
・女子:坂本花織、樋口新葉、河辺愛菜、三原舞依、松生理乃、島田麻央(※)、吉田陽菜(※)
・男子:鍵山優真、友野一希、三浦佳生、佐藤駿、山本草太、壷井達也、片伊勢武アミン(※)、吉岡希(※)
(※はジュニア選手)
(ジュニア選手以外はGPSアサイン確定かな?ただし、参加していないからといって決まらないことはないと思います)
スポニチインスタ

ちなみに「NHK杯TBA枠派遣選考会(CS派遣選考含む)」は、7月30日~31に「NTC/関空アイスアリーナ」で行われます。
日本スケ連2022-2023イベントスケジュール


7/9にアサインは7/15 or 7/16とハーシュさん情報


”記事を開く”
7月9日にハーシュさんからアサインに関する情報ツイートが再びありました。

アサインは7月15日(金)に行われる、と。
ただし、アサイン発表は7月16日(土)になるかもしれない、と。
(ISU拠点があるスイス/ローザンヌとは+7時間の時差があります。ローザンヌ17時発表の場合、日本時間で24時発表になります)

さらに「イギリスの都市が中国杯の代替え開催地になる可能性がある」とも。
代替え開催地の発表は、7月11日(月)または7月12日(火)に予定されていると語ってくれました。
(MatchTVからはイギリス都市はシェフィールドになる可能性が高いが、変更になるかもしれないとの報道も)

実際に予定通りになるとは限りませんが、今季はたくさんのフライング情報が出てきてやきもきしますねw



7/11に中国杯→イギリス、ロステレ杯→フィンランドで代替え確定情報


”記事を開く”
7月11日にISUのGPSスケジュールが更新され、ペンディングだった2つのGPSの代替え開催地が確定しました。
・第4戦GPS 中国杯代替え→イギリス(シェフィールド)GP
・第6戦GPS ロステレ杯代替え→フィンランド(エスポー)GP

ソース(削除前)

ただし、その数時間後、本掲載は削除されています。
こちらISUが正式発表前に先走って掲載をしてしまっただけで、確定は変わらないと思われます。
ソース(削除後)


7/14にフィンランドGPは確定!しかし・・・


”記事を開く”
7月14日にISUスケジュールが再び更新されると同時に、お知らせも一緒に来ました。
GPSスケジュールISUのお知らせ

まず第6戦GPSのロステレ杯代替えは「フィンランド(エスポー)GP」で確定。
しかし、第4戦GPSの中国杯代替えは「現在保留中であり、開催国はまもなく発表される」とのこと・・・・

手続き(契約)上の問題だけで、まもなく第4戦GPSもイギリスGPで決まるとは思いますが・・・
とはいえ、全大会が確定しないと、アサイン日に影響があるかもしれません・・・


7/15にMatchTVよりアサインに関する新たな報道


”記事を開く”
7月15日にMatchTVより、アサインに関する新たな報道がありました。
MatchTV記事

7月15日に国際スケート連盟(ISU)委員会は、アサインの会議を開催しているようですが・・・
「アサイン決定の公表、および中国杯の代替え都市の発表は、7月18日(月)までに予定されている」と報道されました。
(「7/18まで」という表現なので、7/16にあるかもしれませんが、7/18発表の可能性が高いようです)

なお、イギリスGP正式発表の遅延は、ISUの内部の問題と、イギリスの組織的な問題が原因であると報じています。
(どうやらISUサイドではCOVID-19クラスター発生よって業務が滞り、イギリスサイドでは会場として予定されているモーターポイントアリーナでのアイスホッケー試合とのブッキング問題があるようですね・・・)

どうなるか・・・・


7/18にアサイン発表ある?→残念ながら、なし・・・


”記事を開く”
皆さんすでに待ち疲れになっていると思いますが・・・
結局、アサインの発表がないまま7月18日を迎えました。
もし7月18日に発表がある場合は、時差+7時間を考えると「夕方から深夜(あるいは7/19明け)になる可能性が高い」と思われます。
よくある発表のパターンとしては、現地時間の15~17時頃で、日本時間の22~24時頃です。

なお、7月19日17時より「羽生結弦選手が決意表明の場としての記者会見を開く」ことが7/18午後に発表されました!
しっかり受け止めるために、心を落ち着かせなきゃw
リリース全文記事1記事2ロイター記事7/18 every動画(感謝)


アサインの発表がないまま、ついに日本時間で7月19日になってしまいました。
もうイライラせず、いつか来ると思って、じっくり待ちましょう。

なお、7/18に元ISU会長のオッタビオ・チンクアンタ氏(享年83歳)が亡くなったようです・・・
もしかすると、アサインが出なかった理由になっているかもしれません。
心よりご冥福をお祈りします。
一般記事ISU記事

アサインに関しては、何か情報が出てくれば追記しますね。


7/19に羽生結弦選手が決意表明記者会見


”記事を開く”
7月19日に羽生結弦選手の決意表明の場として記者会見が開催されました。
・時間:17:00~18:00頃
・場所:都内のホテル
・リリース:羽生選手をマネジメントする「team Sirius」が発表

本記者会見は夕方テレビニュースで中継がありましたが、以下でライブ配信もしてくれました。
ニコニコ生放送ABEMAニュースYouTubeANNニュースYouTube
※ライブ後はすべてアーカイブ動画になっていますが、後で見るならノーカット版として新たにアップされた以下動画が良いと思います。
KyodoNews動画時事通信動画スポーツ報知動画

羽生結弦選手は記者会見で、競技会にはもう出場せず、プロのアスリートとして理想を追い求めていく決意を語りました。
今後も死力を尽くして戦っていく、と。
4Aも含めてアスリートらしく挑戦していく、と。
だから、寂しさはまったくない、と。
記者さんの質問にも丁寧に丁寧に語ってくれました。
新しいステージに大いなる期待を感じる、すばらしい記者会見でした。
全文1全文2全文3全文4全文5全文6全文7全文8

本報告を受けて、海外からもたくさんのメッセージが寄せられていますが、その中から和んだ一つを紹介します。



7/20のMatchTV情報ではアサイン発表日は示されず・・・


”記事を開く”
7/20にMatchTVよりアサインに関する記事が出ましたが、とくに何かが進展した状況は示されていません・・・
GPS開催国の最終承認がない限り、アサインの発表はないということだけ書かれています。
MatchTV記事

以下は既出情報ですが、ギャラガーさんツイート。



7/21にGPS第4戦目がイギリス/シェフィールドで確定!!!!


”記事を開く”
ISUがサイトを更新し、GPS第4戦目がイギリス/シェフィールド開催で確定したことを発表しました!!!!
大会名は「MKジョン・ウィルソン杯(MK John Wilson Trophy)」になるようですね。

「John Wilson」は、MKブレードを有するフィギュアスケートブレード会社ですので、冠スポンサーも一緒に決まったことになります。
ISU記事

なお、今回ホッケー競技とブッキング問題があった「モーターポイントアリーナ」を譲ってもらったわけではなく、近くにある収容1,500名の「アイスシェフィールド」という小さなリンクで開催されるようです。
ソースツイート

イギリスアイススケートからも開催確定のツイートが来ました。



7/22にGPSアサイン発表予定


”記事を開く”
GPS第4戦の開催地とともに、アサインは7月22日(金)にISUウェブサイトで公開されることも告知されました!
ISUからの告知ですから、今度は間違いないと思われます!
ISU記事

よかったですね!
待ち遠しかったですが、全6大会の開催に向けて奔走してくれたことに感謝!
(あとは待つのみですが、発表は7/22の夜~深夜かな?)


7/22に念願のアサイン発表!!!

7月22日(金)23時にアサインが発表になりました!

紀平梨花選手は2枠もらえました!
住吉りをん選手、横井ゆは菜選手も1枠もらえました!
横井選手ツイート
本田ルーカス剛史選手、島田高志郎選手は1枠もらえました!
三浦佳生選手、山本草太選手、三宅星南選手も1枠か・・・

テネル選手は復帰2枠ありましたが、マライア選手、カレン選手はスキップかな・・・・
引退とか言わないでほしいですね・・・
ネイサン選手、ヴィンセント選手、ジェイソン選手はアサイン前からスキップが決まっていました!

男女ともに海外強豪勢が集まったのが最終戦のフィンランドですかね?

以下、公式発表リンクです。

GPS2022カテゴリー別アサイン一覧リンク
男子 女子
ペア アイスダンス

各大会欄に出場選手一覧を追記、そして早見表も記載しました。
(今後、OUT、IN、TBDの更新があると思いますので、随時修正します)

7/24にテレ朝のGPS2022サイトがオープン

7月24日にテレビ朝日のグランプリシリーズ2022のサイトがオープンしました。
すでに出場主要選手の写真が掲載されています。
テレ朝GPS2022サイト

今後、以下TwitterとともにGPSのテレビ放送情報、ライブ配信情報などが情報提供されます。
テレ朝フィギュアTwitter

9/10にGPSライブ配信決定発表

9月10日にテレ朝グランプリシリーズ2022サイトにライブ配信ページがアップされました。
有料ですが、「テレ朝動画」でNHK杯2022を除く全大会やってくれるようです。

昨季同様、スケアメより順次詳細がアップされると思われます。
昨季は全GPSセットと各大会ごとの両方で購入することができました。
テレ朝ライブ配信ページ

10/9と10/15にテレ朝チャンネル2でGPS事前特集放送

以下、テレ朝チャンネルで「グランプリシリーズ事前特集」の放送があるようです。

テレ朝チャンネル1
今月開幕!フィギュアスケート グランプリシリーズ2022 記者会見[生放送]
10月9日(日) 11:40~12:40
番組詳細ページ

テレ朝チャンネル2
フィギペディア~2022GPシリーズ開幕直前SP~
10月15日(土) 18:30~21:00
番組詳細ページ

9/14にテレ朝GPS2022サイトにテレビ放送情報アップ

9/14にテレビ朝日グランプリスリーズ2022サイトにテレビ放送情報アップ
とりあえず地上波の競技テレビ放送があることはわかったので、一安心ですね。
GPSテレビ放送ページ

9/20にテレ朝YouTubeにGPSのPR動画アップ



グランプリシリーズ2022のアサインについて

グランプリシリーズは、アサイン(割り当て)というシステムを採っています。
6つ大会はカテゴリーごとに出場数(男女は12名)が決まっていて、一定の条件をもとに割り当てていくということです。
どの選手がどの大会にアサインされるかは、毎季やきもきするところです。
このアサインについての情報を提供します。

出場資格を持つ選手一覧

7月22日にアサインが発表になりましたので閉じました。
見たい方は開いてご覧ください。


”出場資格を持つ選手一覧を開く”
今季のグランプリシリーズは異常事態です・・・・
以下に出場資格のある選手を書き出していますが、ロシア・ベラルーシの選手はISU国際大会に出場できないため、出場資格のある選手だけでは枠(男女12名×6大会=72枠)は埋まりません・・・
各大会で各国出場最大枠は3枠ですので、日本はこの条件内で出場選手が増えると予想します。
少なくとも1枠保証されている選手の2枠獲得は問題ないでしょう。

男子
シード選手(世界選手権2022で6位以内)/2枠保証
宇野昌磨(日本)、鍵山優真(日本)ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)、モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)、カムデン・プルキネン(アメリカ)、友野一希(日本)、ダニエル・グラッスル(イタリア)
※順位順に記載(辞退がある場合、繰り上がりますので、7位まで記載)
※ヴィンセント選手は学業専念のためスキップ
招待選手(世界選手権2022で7~12位)/2枠保証
アダム・シャオ・ヒム・ファ(フランス)、イリア・マリニン(アメリカ)、マッテオ・リッツォ(イタリア)、ケヴィン・エイモズ(フランス)、ローマン・サドフスキー(カナダ)、デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
※順位順に記載(辞退がある場合、繰り上がりますので、13位まで記載)
招待選手(シーズンベストスコアで24位以内)/1枠保証
※すでに記載した選手を除く
ネイサン・チェン(アメリカ)、マルク・コンドラチュク(ロシア)羽生結弦(日本)、チャ・ジュンファン(韓国)、ジェイソン・ブラウン(アメリカ)、エフゲニー・セメネンコ(ロシア)、ミハイル・コリャダ(ロシア)、ボーヤン・ジン(中国)、アンドレイ・モザリョフ(ロシア)、キーガン・メッシング(カナダ)、佐藤駿(日本)ピョートル・グメンニク(ロシア)、マカール・イグナトフ(ロシア)
※ネイサン選手は学業専念のため休養
※ジェイソン選手もスキップ2022.6.23ソース
(ただし、現状引退ではなく、8月に何らかの発表がある模様・・・8月はすぎた・・・)
※羽生選手は7/19にプロ転向
※三浦佳生選手は29位、山本草太選手は31位、三宅星南選手は34位、壷井達也選手は40位、島田高志郎選手は46位、本田ルーカス剛史選手は49位
(枠が埋まらなかった場合、75位まで選ばれる可能性あり)
男子2021-2022シーズンスコアランキング
招待選手(世界ランキングで24位以内)/1枠保証
※すでに記載した選手を除く
ドミトリー・アリエフ(ロシア)、アレクサンドル・サマリン(ロシア)
※山本草太選手は29位、三宅星南選手は43位、三浦佳生選手は48位、壷井達也選手は68位
男子ワールドスタンディング
(6/17に2022-2023シーズン用に更新されました)
(なお、世界ランキング24位以内について管理人は前シーズン終了時点という認識です。ただし、新シーズン開始時点という説を見たことがあり、正確によくわかっていません・・・)
招待選手(ジュニアワールド2022メダリスト)/選考対象
※すでに記載した選手を除く
ミハイル・シャイドロフ(カザフスタン)、壷井達也(日本)

やはりネイサン選手とヴィンセント選手は出場の意思がないようですね。

女子
シード選手(世界選手権2022で6位以内)/2枠保証
坂本花織(日本)、ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)、アリサ・リウ(アメリカ)、マライア・ベル(アメリカ)、ユ・ヨン(韓国)、アナスタシア・グバノワ(ジョージア)、イ・ヘイン(韓国)
※アリサ選手は現役引退
※順位順に記載(辞退がある場合、繰り上がりますので、7位まで記載)
招待選手(世界選手権2022で7~12位)/2枠保証
カレン・チェン(アメリカ)、エカテリーナ・リャボワ(アゼルバイジャン)、ニコル・ショット(ドイツ)、樋口新葉(日本)、マデリン・シーザス(カナダ)、エカテリーナ・クラコワ(ポーランド)
※順位順に記載(辞退がある場合、繰り上がりますので、13位まで記載)
招待選手(シーズンベストスコアで24位以内)/1枠保証
※すでに記載した選手を除く
カミラ・ワリエワロシア)、アンナ・シェルバコワ(ロシア)、アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)、ソフィア・アカチエワ(ロシア)、マイア・フロミフ(ロシア)、アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)三原舞依(日本)ダリア・ウサチョワ(ロシア)、ヴェロニカ・ジリナ(ロシア)、ソフィア・ムラビヨワ(ロシア)、アデリナ・ペトロシャン(ロシア)、キム・イェリム(韓国)、宮原知子(日本)、イザボー・レヴィト(アメリカ)、アナスタシア・ジニナ(ロシア)、シン・ジア(韓国)
※宮原知子選手は現役引退
※ジア選手はシニア年齢に達せず
※河辺愛菜選手は27位、松生理乃選手は32位、横井ゆは菜選手は51位、住吉りをん選手は67位
(枠が埋まらなかった場合、75位まで選ばれる可能性あり)
女子2021-2022シーズンスコアランキング
招待選手(世界ランキングで24位以内)/1枠保証
※すでに記載した選手を除く
紀平梨花(日本)、ブレイディ・テネル(アメリカ)、ヴィクトリア・サフォノワ(ベラルーシ)、スター・アンドリュース(アメリカ)
※松生理乃選手は30位、横井ゆは菜選手は37位、河辺愛菜選手は47位
女子ワールドスタンディング
(6/17に2022-2023シーズン用に更新されました)
(なお、世界ランキング24位以内について管理人は前シーズン終了時点という認識です。ただし、新シーズン開始時点という説を見たことがあり、正確によくわかっていません・・・)
招待選手(ジュニアワール2022ドメダリスト)/選考対象
※すでに記載した選手を除く
リンゼイ・ソーングレン(アメリカ)

アサイン発表日予想

6/15にハーシュさんよりアサイン発表日は、6月30日(木)との情報がありました。
その後、延期され、7/9に7月15日(金) or 7月16日(土)に発表されるとの情報。
さらにその後、7/15に7月17日(月) までに発表されるとの情報に変わりました。
さらにその後、7/21に7月22日(金) に発表されるとの確定情報。

なので、以下の予想記事は閉じます。
見たい方は、開いてご覧ください。


”アサイン発表日予想記事をを開く”

アサイン(各大会の出場選手割り当て)の発表日についてはわかっていません。
ただし、いくつかの情報から、予想することは可能です。

まず過去のアサイン発表日については以下の通り。

発表日 備考
2013年 6/3(月) 五輪シーズンにより発表が早い
2014年 6/27(金)
2015年 6/15(金)
2016年 7/1(月)
2017年 5/26(金) 五輪シーズンにより発表が早い
2018年 6/29(金)
2019年 6/30(日)
2020年 10/1(土) コロナの影響で発表が遅い
2021年 6/30(水) 五輪シーズンだが、コロナの影響により発表は遅かった・・・
2022年 6月末? どうなるか・・・

五輪シーズンのアサイン発表日は早いのですが、それ以外のシーズンは「6月末の発表」でほぼ一定化しています。
一応来やすい曜日としては、金曜夜~土曜、もしくは日曜夜~月曜のようです。

さあいつ発表は来るか?
最近は事前に発表日に関するフライング情報が出てきます。
もし出てくれば、速報で記載します。
楽しみに待ちましょう!




グランプリシリーズ2022のアサイン早見表

グランプリシリーズ2022のアサインが発表になりましたので、主な男女出場選手の大会出場早見表を作成しました。

選手 スケアメ スケカナ フランス イギリス NHK杯 フィンランド
日本男子&ライバル海外男子一覧表
男子アサイン数国別ランキング(TBD含む):
1位:日本(16+1)、2位:カナダ(11)、3位:アメリカ(9+1)
三浦佳生
鍵山優真
三宅星南
宇野昌磨
友野一希
山本草太
佐藤駿
島田高志郎
壷井達也
本田ルーカス
セレフコ
グラッスル
ローマン
ジュンファン
マリニン
ラトデニ
ゴゴレフ
ジミー
ボーヤン
キーガン
カムデン
アダム
エイモズ
シャイドロフ
モリス
日本女子&ライバル海外女子一覧表
女子アサイン数国別ランキング(TBD含む):
1位:日本(15)、2位:アメリカ(13+1)、3位:韓国(11-1)
松生理乃
坂本花織
樋口新葉
紀平梨花
横井ゆは菜
住吉りをん
河辺愛菜
三原舞依
ヘイン
ショット
クラコワ
レヴィト
アンバー
ユヨン
リャボワ × ×
マデリン
ソーングレン
イェリム
オードリー
ルナヘン
グバノワ
テネル
選手 スケアメ スケカナ フランス イギリス NHK杯 フィンランド



GPS第1戦 アメリカ大会/スケートアメリカ2022

フィギュアスケートGPS(グランプリシリーズ)2022の初戦となるスケートアメリカ2022(アメリカ大会)の概要です。

スケートアメリカ2022(アメリカ大会)
ISU Grand Prix of Figure Skating Skate America 2022
開催場所 マサチューセッツ州ノーウッド
ボストンスケートクラブ(The Skating Club of Boston )
会場サイト地図
日程 2022年10月21日(金)~10月23日(日)
スケジュール 速報記事に記載
観客有無 有観客
※2022.5.6よりチケット販売
チケットページ
テレビ放送 速報記事に記載
サイト ISUサイト公式サイト
出場選手一覧
全エントリー
■男子(最大12名)
男子エントリー
日本選手 鍵山優真、三宅星南、三浦佳生
※9/1に三浦選手IN!!!(次戦がスケカナなので連戦です)
海外選手 ブレンダン・ケリー(オーストラリア)、ウェスリー・チウ(カナダ)、ローマン・サドフスキー(カナダ)、ミハエル・セレフコ(エストニア)、ダニエル・グラッスル(イタリア)、チャ・ジュンファン(韓国)、ドノヴァン・カリーヨ(メキシコ)、リアム・カペイキス(アメリカ)、イリア・マリニン(アメリカ)、エリック・ショーバーグ(アメリカ)
※7/26にブレンダン選手OUT(ISUからは8/29発表)
ソース
※9/8にTBD枠にショーバーグ選手IN
ソース
■女子(最大12名)
女子エントリー
日本選手 松生理乃、坂本花織
海外選手 イ・ジュウ(中国)、マリレナ・キトロミリス(キプロス)、ニコル・ショット(ドイツ)、イ・ヘイン(韓国)、パク・ヨンジョン(韓国)、ユン・アソン(韓国)、エカテリーナ・クラコワ(ポーランド)、アンバー・グレン(アメリカ)、イザボー・レヴィト(アメリカ)、グレイシー・ゴールド(アメリカ)
※9/1にTBD枠にゴールド選手IN!!!
ソース
■ペア(最大8組)
ペアエントリー
日本選手 なし
海外選手 一覧
■アイスダンス(最大10組)
アイスダンスエントリー
日本選手 村元哉中/髙橋大輔
海外選手 一覧
※8/13にナザニキWD・・・と思ったら、なんと引退・・・(スケートは続けてくれるそうです)
インスタ
【スケジュール/ライスト見どころ/滑走順/結果速報】
スケートアメリカ2022速報
※一緒に楽しみましょう!



GPS第2戦 カナダ大会/スケートカナダ2022

フィギュアスケートGPS(グランプリシリーズ)2022の2戦目となるスケートカナダ2022(カナダ大会)の概要です。

スケートカナダ2021(カナダ大会)
Grand Prix of Figure Skating Skate Canada International 2022
開催場所 オンタリオ州ミシサガ
パラマウントファインフーズセンター(Paramount Fine Foods Centre)
会場サイト地図
日程 2022年10月28日(金)~10月30日(日)
スケジュール 速報記事に記載
観客有無 有観客
※2022.5.27よりチケット販売
チケットページ
テレビ放送 速報記事に記載
サイト ISUサイト公式記事公式サイト公式PR動画(出場選手編)
出場選手一覧
全エントリー
■男子(最大12名)
男子エントリー
日本選手 三浦佳生、宇野昌磨
海外選手 スティーブン・ゴゴレフ(カナダ)、キーガン・メッシング(カナダ)、コンラッド・オーゼル(カナダ)、ボーヤン・ジン(中国)、アレキサンドル・セレフコ(エストニア)、マッテオ・リッツォ(イタリア)、デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)、ルーカス・ブリッチギー(スイス)、ジミー・マー(アメリカ)、カムデン・プルキネン(アメリカ)
■女子(最大12名)
女子エントリー
日本選手 樋口新葉、紀平梨花、横井ゆは菜
海外選手 エカテリーナ・リャボワ(アゼルバイジャン)<、ニーナ・ピンザローネ(ベルギー)、ガブリエル・デールマン(カナダ)、マデリン・シーザス(カナダ)、アリソン・シューマッハ(カナダ)、エリスカ・ブレジノワ(チェコ)、ニーナ・ペトロキナ(エストニア)、イム・ウンス(韓国)、ユ・ヨン(韓国)、リンゼイ・ファン・ズンデルト(オランダ)、リンゼイ・ソーングレン(アメリカ)、スター・アンドリュース(アメリカ)
※8/23にウンス選手OUT・・・何があったのかな・・・
※8/30にピンザローネ選手IN
ソース
※8/31にリャボワ選手OUT
(リトヴィンツェフ選手もイギリスGPを同時にOUTになったので、アゼルバイジャンの国の問題ですかね?2戦あったのですが、NHK杯もOUT)→そして9/6に本人インスタにまさかの引退宣言・・・理由は書かれていません)
ソースインスタ
(9/7にアゼルバイジャン冬季スポーツ連盟より、リャボワ選手の引退は「健康上の理由」とのツイートがありました。本当かはわかりません・・・)
ソース
※9/1にアンドリュース選手IN
※9/6にピンザローネ選手怪我のためOUT(どうかお大事に)
ソース
※9/14にズンデルト選手IN
■ペア(最大8組)
ペアエントリー
日本選手 三浦璃来/木原龍一
海外選手 一覧
■アイスダンス(最大10組)
アイスダンスエントリー
日本選手 小松原美里/小松原尊
海外選手 一覧
【スケジュール/ライスト見どころ/滑走順/結果速報】
スケートカナダ2022速報
※一緒に楽しみましょう!



GPS第3戦 フランス大会/フランスグランプリ2022

フィギュアスケートGPS(グランプリシリーズ)2022の3戦目となるフランスGP 2022(フランス大会)の概要です。
昨季までは「Internationaux de France (フランス国際)」だったのですが、今季からは「Grand Prix de France (フランスグランプリ)」に変わっていますね。

フランスグランプリ2022(フランス大会)
ISU Grand Prix of Figure Skating Grand Prix de France 2022
開催場所 アンジェ
アイスパルク(Angers ICEPARC)
会場サイト地図
日程 2022年11月4日(金)~11月6日(日)
スケジュール 8/17発表ISUスケジュール
※日本時間で記載/現地+8時間
◎11/3(木)
19:00~25:05 公式練習
◎11/4(金)
21:00~22:31 女子SP
23:00~24:18 アイスダンスRD
◎11/5(土)
00:45~02:16 男子SP
02:45~03:50 ペアSP
21:00~22:49 女子FS
23:10~24:41 アイスダンスRD
◎11/6(日)
01:00~02:49 男子FS
03:10~04:27 ペアFS
全カテ表彰式
22:30~25:00 エキシビション
観客有無 有観客
※9/24にチケット販売開始
チケット購入ページ
サイト ISUサイト開催記事公式ページアナウンスメント
出場選手一覧
全エントリー
■男子(最大12名)
男子エントリー
日本選手 鍵山優真、友野一希、山本草太
海外選手 ウェスリー・チウ(カナダ)、ゲオルギー・レシュテンコ(チェコ)、ミハエル・セレフコ(エストニア)、ケヴィン・エイモズ(フランス)、アダム・シャオ・イム・ファ(フランス)、リュック・エコノミド(フランス)、ミハイル・シャイドロフ(カザフスタン)、イ・シヒョン(韓国)、イヴァン・シュムラトコ(ウクライナ)
※9/15にTBD枠にエコノミド選手IN
■女子(最大12名)
女子エントリー
日本選手 河辺愛菜、松生理乃、住吉りをん
海外選手 オルガ・ミクティナ(オーストリア)、ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)、マイア・マザッラ(フランス)、リー・セルナ(フランス)、マエ=ベレニス・メイテ(フランス)、キム・イェリム(韓国)、イ・ヘイン(韓国)、リンゼイ・ヴァン・ズンデルト(オランダ)、オードリー・シン(アメリカ)、
※9/15にTBD枠にメイテ選手IN
■ペア(最大8組)
ペアエントリー
日本選手 なし
海外選手 一覧
■アイスダンス(最大10組)
アイスダンスエントリー
日本選手 なし
海外選手 一覧
※8/13にナザニキWD
【結果速報】
※試合が近づきましたら個別速報記事をアップしてリンクを貼ります!



GPS第4戦 イギリス大会/MKジョン・ウィルソン杯2022

2022年5月10日に中国スケート協会よりCOVID-19を理由に中国杯のキャンセルの報告がありました。
代替え開催地が発表になりましたら記載します。

7月11日にISUスケジュールが更新され、第4戦GPSは「イギリス/シェフィールド」でいったんは決まりましたが、その後本掲載は削除・・・

そして7月21日にISUサイトが更新され、第4戦GPSは「イギリス/シェフィールド」開催で決まりました!
大会名も判明!
ISU記事

MKジョン・ウィルソン杯2022(イギリス大会)
ISU Grand Prix of Figure Skating MK John Wilson Trophy 2022
開催場所 シェフィールド
アイスシェフィールド
会場サイト地図
(2012年ユーロの会場のサブリンク。今回ホッケー競技とブッキング問題があったモーターポイントアリーナを譲ってもらったわけではなく、収容1,500名の小さなリンクで行うそうです)
ソース
日程 2022年11月11日(金)~11月13日(日)
スケジュール 8/24発表ISUスケジュール
※日本時間で記載/現地時間+8時間
◎11/10(木)
18:00~24:05 終日公式練習
◎11/11(金)
19:00~24:05v公式練習
◎11/12(土)
02:00~03:05 ペアSP
03:25~04:56 男子SP
16:00~21:05 公式練習
21:45~23:03 アイスダンスRD
23:20~24:51 女子SP
◎11/13(日)
02:20~03:47 ペアFS
04:05~05:54 男子FS
男子&ペア表彰式
16:00~18:25 公式練習
19:15~21:04 女子FS
21:25~22:56 アイスダンスFD
アイスダンス&女子表彰式
23:45~25:45 エキシ公式練習
◎11/14(月)
03:00~05:30 エキシビション
観客有無 有観客
※チケットは8/22より発売(記載が遅くなってすいません・・・)
チケットサイト
サイト ISUサイト公式開催確定記事公式アサイン記事公式サイト
出場選手一覧
全エントリー
■男子(最大12名)
男子エントリー
日本選手 佐藤駿、島田高志郎、壷井達也
海外選手 ウラジーミル・リトヴィンツェフ(アゼルバイジャン)、コーリー・サーセリ(カナダ)、ローマン・サドフスキー(カナダ)、グラハム・ニューベリー(イギリス)、エドワード・アップルビー(イギリス)、モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)、ダニエル・グラッスル(イタリア)、デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)、ジミー・マー(アメリカ)、樋渡知樹(アメリカ)
※8/16にTBDにアップルビー選手IN
※8/31にリトヴィンツェフ選手OUT
※9/6に樋渡選手IN
ソース
■女子(最大12名)
女子エントリー
日本選手 三原舞依
海外選手 ニーナ・ピンザローネ(ベルギー)、ガブリエル・デールマン(カナダ)、ナターシャ・マッケイ(イギリス)、アナスタシア・グバノワ(ジョージア)、ニコル・ショット(ドイツ)、ユ・ヨン(韓国)、エカテリーナ・クラコワ(ポーランド)、ユリア・ザウター(ルーマニア)、アレクシア・パガニーニ(スイス)、ガブリエラ・イッゾ(アメリカ)、イザボー・レヴィト(アメリカ)、ブレイディ・テネル(アメリカ)
※9/6にピンザローネ選手怪我のためOUT(どうかお大事に)
ソース
※9/20にデールマン選手IN
■ペア(最大8組)
ペアエントリー
日本選手 なし
海外選手 一覧
■アイスダンス(最大10組)
アイスダンスエントリー
日本選手 なし
海外選手 一覧
【結果速報】
※試合が近づきましたら個別速報記事をアップしてリンクを貼ります!



GPS第5戦 日本大会/NHK杯2022

フィギュアスケートGPS(グランプリシリーズ)2022の5戦目となるNHK杯2022(日本大会)の概要です。

NHK杯2022(日本大会)
ISU Grand Prix of Figure Skating NHK Trophy 2022
開催場所 札幌
真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
会場サイト地図
日程 2022年11月18日(金)~11月20日(日)
スケジュール 公式スケジュールページ8/31発表ISUスケジュール
◎11/17(木)
10:00~16:10 終日公式練習
17:00~18:00 オープニング&アワードリハーサル
◎11/18(金)
07:00~11:30 公式練習
12:30~13:38 ペアSP
14:15~16:49 女子SP
16:15~17:35 アイスダンスRD
18:00~ オープニングセレモニー
19:00~20:34 男子SP
◎11/19(土)
06:30~11:20 公式練習
12:00~13:19 ペアFS
13:50~15:40 女子FS
女子&ペア表彰式
16:50~18:22 アイスダンスFD
アイスダンス表彰式
19:30~21:20 男子FS
男子表彰式
◎11/20(日)
09:00~12:16 エキシ公式練習
13:20~16:00 エキシビション
観客有無 有観客
チケット情報 ※7/22に発表
公式チケットページFAQページ
■チケット発売日(抽選)
・通し券:8月25日(木)10:00 ~ 8月29日(月)23:59
・単日券一次:9月16日(金)10:00 ~ 9月22日(木)23:59
イープラス
■観戦ツアー
・近畿日本ツーリスト
※申込期間:9月5日(月)10:00~9月11日(日)
近畿日本ツーリストページ
・JTB
※申込期間:9月5日(月)15:00~9月11日(日)
JTBページ
■チケットトレード
※決まり次第発表
サイト ISUサイト公式サイト
※公式サイトは7/1にオープン
※7/26には公式サイト選手ページ更新
※8/23に公式サイトデザインリニューアル
出場選手一覧
全エントリー
■男子(最大12名)
男子エントリー
日本選手 友野一希、宇野昌磨、山本草太
※9/1にTBD枠に山本選手IN(日本スケ連理事会承認)
ソース
海外選手 マウリツィオ・ザンドロン(オーストリア)、スティーブン・ゴゴレフ(カナダ)、ボーヤン・ジン(中国)、アダム・シャオ・イム・ファ(フランス)、ニカ・エガーゼ(ジョージア)、ガブリエレ・フランジパーニ(イタリア)、マッテオ・リッツォ(イタリア)、チャ・ジュンファン(韓国)、樋渡知樹(アメリカ)
■女子(最大12名)
女子エントリー
日本選手 樋口新葉、坂本花織、住吉りをん
※9/1にTBD枠に住吉選手IN(日本スケ連理事会承認)
ソース
海外選手 オルガ・ミクティナ(オーストリア)、エカテリーナ・リャボワ(アゼルバイジャン)、エヴァロッタ・キーバス(エストニア)、ニーナ・ペトロキナ(エストニア)、チ・ソヨン(韓国)、キム・イェリム(韓国)、ウィ・ソヨン(韓国)、スター・アンドリュース(アメリカ)、アンバー・グレン(アメリカ)、オードリー・シン(アメリカ)、
※9/6にリャボワ選手OUT
※9/23にキーバス選手IN
■ペア(最大8組)
ペアエントリー
日本選手 三浦璃来/木原龍一
海外選手 一覧
■アイスダンス(最大10組)
アイスダンスエントリー
日本選手 村元哉中/髙橋大輔、小松原美里/小松原尊
※9/1にTBD枠にココ組IN(日本スケ連理事会承認)
ソース
海外選手 一覧
【結果速報】
※試合が近づきましたら個別速報記事をアップしてリンクを貼ります!



GPS第6戦 フィンランド大会/エスポーグランプリ2022

2022年4月25日にISUはロシアで国際大会を開催しないことを決定しました。
現在代替え開催地を募集中ですが、フィンランドスケート協会がヘルシンキ開催の入札を提出したとの情報が出てきています。
その後、公式発表ではありませんが、6/15にフィンランドで決まりとの情報が出ています。
そして7月11日にISUスケジュールが更新され、第6戦GPSは「フィンランド/ヘルシンキGP」で決まりました。
その後本掲載は削除されましたが、7月14日に再掲載されて確定。

エスポーグランプリ2022(フィンランド大会)
ISU Grand Prix of Figure Skating Grand Prix Espoo 2022
開催場所 エスポー
エスポーメトロアリーナ
(7,000~9,000人収容/今季ユーロの会場でもある)
日程 2022年11月25日(金)~11月27日(日)
スケジュール ※暫定
※日本時間で記載/現地時間+6時間
◎11/24(木)
終日公式練習
◎11/25(金)
19:00~ ペアSP
20:20~ オープニングセレモニー
20:54~ 女子SP
23:47~ 男子SP
◎11/26(土)
01:40~ アイスダンスRD
18:45~ ペアFS
20:21~ 女子FS
女子&ペア表彰式
◎11/27(日)
00:15~ 男子FS
02:25~ アイスダンスFD
アイスダンス&男子表彰式
20:00~ エキシビション
観客有無 有観客
※オールイベントチケット販売開始:7月18日10:00(EET)(日本時間17:00)
※単体チケット販売開始:8月9日
告知ツイートチケット販売ページ
サイト ISUサイト公式サイト
出場選手一覧
全エントリー
■男子(最大12名)
男子エントリー
日本選手 本田ルーカス剛史、佐藤駿、壷井達也
海外選手 キーガン・メッシング(カナダ)、アーレット・レヴァンディ(エストニア)、ヴァルター・ヴィルタネン(フィンランド)、ケヴィン・エイモズ(フランス)、モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)、ミハイル・シャイドロフ(カザフスタン)、ニコライ・マヨロフ(スウェーデン)、イリア・マリニン(アメリカ)、カムデン・プルキネン(アメリカ)
■女子(最大12名)
女子エントリー
日本選手 河辺愛菜、紀平梨花、三原舞依
海外選手 ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)、マデリン・シーザス(カナダ)、エヴァ・ロッタ・キーバス(エストニア)、リネア・セダー(フィンランド)、エミー・ペルトネン(フィンランド)、イェンニ・サーリネン(フィンランド)、アナスタシア・グバノワ(ジョージア)、ブレイディ・テネル(アメリカ)、リンゼイ・ソーングレン(アメリカ)
■ペア(最大8組)
ペアエントリー
日本選手 なし
海外選手 一覧
■アイスダンス(最大10組)
アイスダンスエントリー
日本選手 なし
海外選手 一覧
【結果速報】
※試合が近づきましたら個別速報記事をアップしてリンクを貼ります!



グランプリファイナル2022

グランプリシリーズ(GPS)2022の上位選手によって優勝者を決めるグランプリファイナル(GPF)2022の概要です。
シニア(GPF)とジュニア(JGPF)が同日程となります。

GPFグランプリファイナル2022
ISU Grand Prix of Figure Skating Final 2022
開催場所 イタリア/トリノ
パラベラアリーナ(Palavela Arena)
会場サイト地図
日程 2022年12月8日(木)~12月11日(日)
スケジュール ※日本時間で記載(現地時間+8時間)
■12/8(木)
23:00~
Jr男子SP、JrペアSP、Jr女子SP、オープニングセレモニー、SrペアSP、Sr男子SP
■12/9(金)
23:00~
JrアイスダンスRD、Jr女子FS、SrペアFS、Srペア&Jr女子表彰式、SrアイスダンスRD、Sr女子SP
■12/10(土)
21:30~
Sr男子FS、JrペアFS、Jr男子FS、Jr男子&Sr男子&Jrペア表彰式、JrアイスダンスFD、SrアイスダンスFD、Sr女子FS、Sr女子&Jrアイスダンス&Srアイスダンス表彰式
■12/11(日)
22:00~
エキシビション
観客有無 有観客
※7/29にオールイベントチケット販売開始 (2019年開催時よりもかなり値下げされていますw)
※9/20に単日チケット販売開始
チケット販売サイトFAQ
サイト ISUサイト公式サイト公式Twitter
グランプリファイナル出場選手一覧
■男子(GPSポイント上位6名)
日本選手
海外選手
■女子(GPSポイント上位6名)
日本選手
海外選手
■ペア(GPSポイント上位6組)
日本選手
海外選手
■アイスダンス(GPSポイント上位6組)
日本選手
海外選手
ジュニアグランプリファイナル出場選手一覧
■男子(6名)
日本選手
海外選手 ニコライ・メモラ(イタリア)
■女子(6名)
日本選手
海外選手
■ペア(6組)
日本選手
海外選手
■アイスダンス(6組)
日本選手
海外選手
【結果速報】



GPS/GPF2021のチケット&ツアー情報

グランプリシリーズ2022とグランプリファイナル2022のチケット・ツアー情報です。

なお、英語が得意な方は、開催地の公式サイトから購入する方法もあります。
こちらは各大会の項目に記載します。
日本開催の大会(NHK杯)とグランプリファイナル(GPF)は、チケット情報が出てきましたら大会項目に記載するようにします。

とりあえずチェックすべきリンクを貼っておきますね。
(具体的には書きませんが、随時チケット&ツアー情報がアップされますので、観戦予定のある方はマメにチェックをお願いします)
(なお、各国の渡航にはPCR陰性証明やコロナワクチン接種証明の提示等の条件が出てくる可能性もあります)

GPS/GPF2021を取り扱うチケット会社
ワールドスポーツコミュニティ
フィギュアスケート観戦チケットページTwitter
GPS/GPF2021を取り扱うツアー会社
パーパスジャパン
フィギュアスケート観戦ツアーページTwitter
HIS
フィギュアスケート観戦ツアーページH.I.S.フィギュアスケートTwitter2022.7.13時点の情報ツイート
JTB
フィギュアスケート観戦ツアーページJTBスポーツTwitter
KNT
フィギュアスケート観戦ツアーページ
スポンサードリンク

フィギュアスケート2021-2022の完全スケジュールカレンダー
※緊急情報があった場合、こちらの該当日に記載しています。

以下、コメントを残せますが、誹謗中傷や選手のイメージを下げるコメントは避けていただけますようにお願いします。 もしショッキングな情報を書く場合、ソースを示していただけると有り難く存じます。 管理人の判断で削除する場合もあることもご理解いただけると助かりますm(_ _)m

40 Responses to “GPSグランプリシリーズ2022-2023の日程・アサイン(出場選手)等の情報速報”

  1. クローバー より:

    デールマン選手がイギリス大会にINしました嬉しいです。

    • 管理人 より:

      クローバーさん

      確認が遅くなりましたが、追記しました!
      2枠ゲット、おめでとうございます!
      一緒に応援しましょう!

  2. クローバー より:

    グレイシーゴールド選手がスケートアメリカTBDに決まったみたいですねアメリカのスケ連の記事にありました。ここまで戻ってくるとは涙ものです。

    • 管理人 より:

      クローバーさん

      ちょっと出かけていたら、そんなことに!
      演技が見れるだけでもうれしかったのに、すごいことですね!
      早速追記しました。
      教えていただきありがとうございますm(_ _)m

  3. さりん より:

    管理人様
    突然申し訳ないのですが、ユリア・サウター選手はドイツではなく、ルーマニアの選手だった気がします。確認をお願いします。

    • 管理人 より:

      さりんさん

      間違いを教えていただきありがとうございますm(_ _)m
      早速修正しました。

  4. アイス より:

    いつも情報ありがとうございます!
    マライア・ベル選手がアサインされていないのが気になっているのですが、何か情報ありますか?昨シーズン好成績でしたし、年齢的に進退を考えてもおかしくないとは思いますが…

    • 管理人 より:

      アイスさん

      残念ながら、現在のところ情報はありません・・・
      本人の発言ではありませんが、アサイン前には現役続行という情報があったので、GPSはスキップだとは思うのですが・・・
      せっかく来日しているので、どう考えているのかだけでも質問してくれるといいんですけどね・・・

      • アイス より:

        やはり情報ないのですね…
        本人の口から出るまで気長に待つことにします。

  5. るる より:

    管理人様

    ようやく!ですね!
    管理人さんが逐一ご報告下さったので、ハラハラドキドキも肩代わりして頂き、落ち着いて待つことができました。

    なかなかGPSに気持ちが切り替えられず、実感がなかったのですが、テレ朝サイトの写真を見て、今年も楽しみな気持ちがよみがえってきました!
    テレ朝(*^ー゚)b グッジョブ!!

    NHK杯のTBD、どうなるかなあ、ちょっと胃が痛くなる感じで楽しみです。
    今シーズンはお茶の間観戦予定なので、地上波(せめてBS)でどこまでやってもらえるか期待しています。

    管理人さんは、今シーズン以降、どんな方向性で速報されるのかなあ、それも楽しみです。

    いつもありがとうございます♪

    • 管理人 より:

      るるさん

      落ち着いてアサインを待てたのならよかったです。
      私はイライラしながら待っていたら、羽生選手の記者会見情報が流れてきて、その後はひたすら情報に追われた7月でした。
      考えてみたら、このサイトのスタートは2015年のGPFです。
      羽生選手がNHK杯ですごい演技をして、これは記録に残さなけれな後悔すると思ったのが始まり。
      なので、一つの区切りを迎えたのは確かです・・・
      今はひたすら振り返っていて、まだ整理がついてないので、今後どうなるかは自分でもわかりませんw

      NHK杯のTBDは、とくに男子が熾烈ですね。
      今季GPSのテレビ放送はどのくらいやってくれるか不透明ですね・・・
      とはいえ、テレ朝が全大会の有料ライブ配信はやってくれると思います。
      るるさんも長く見守ってくださりありがとうございますm(_ _)m

  6. クローバー より:

    ガブリエルデールマン選手スケートカナダエントリーとても嬉しいです、昨シーズンカナダ選手権で3位に入ったおかげですね。

    • 管理人 より:

      クローバーさん

      見事1枠ゲットできましたね。
      見つけた瞬間、クローバーさんから喜びのコメントあるかなと思ってましたw
      昨季から調子は上がってきていると思うので、頑張って欲しいですね。
      豪快な3T3T期待!

  7. さりん より:

    管理人様
    住吉りをん選手、一戦決まって嬉しいです。フランス大会、絶対見ます。他にも、ニコルショット選手やエカテリーナリャボワ選手、ナターシャマッカイ選手等、楽しみな選手がたくさんいるので、今年のGPシリーズ、楽しみたいと思います。

    • 管理人 より:

      さりんさん

      住吉りをん選手1枠決まってよかったですね。
      しかも、フランスで決まったので、調子によっては2枠の可能性も残しています。
      まだ始まるのは先ですが、一緒に楽しみましょう。

  8. とも より:

    吉田はな選手が強化合宿に参加しているようですが、ジュニアGPに出るんですかね~
    シニアGPに出るならますますアサインの仕組みが分らないです笑
    まあどちらにせよ潜在能力はすごそうな選手なので頑張ってほしいですね!

  9. クローバー より:

    GPシリーズ正式にイギリス決まったみたいですね。イギリスで開催なんて意外です、大きな大会は2012年のヨーロッパフィギュアスケート選手権以来ですねシェフィールドなので同じ会場かもしれませんね。

    • 管理人 より:

      クローバーさん

      情報を教えていただきありがとうございますm(_ _)m
      ちょっとうたた寝していたら・・・w
      その後、本情報は削除されていますが、確定で問題ないでしょう。

  10. chii より:

    ロシアメディアのMatchTVから中国の代替地がイギリスになる可能性が高いという情報に加え第6戦になりそうで都市はシェフィールド(まだ都市の変更可)という情報が報道されました。
    https://t.me/news_matchtv/17277

    どの情報でも中国大会の代替地は最終という言われ方をしていてずっと疑問だったんですが中国大会はもともと第4戦ですがイギリスでやる代わりに第6戦になるかもしれないのでしょうか?
    そうなるとロシア大会代替のフィンランドは第4戦になるかもしれないということですよね?
    まあ、今日明日で発表になるという話なので待てばいいんですが…

    • chii より:

      すみません、お聞きしたかったのですがアリサ選手の引退により世界選手権7位のイ・ヘイン選手がシード選手に繰り上がるとのことですが今まで1-3位の選手、4-6位の選手はGPSで重ならなかったと思うのですが3位だったアリサ選手が引退したことで1位の坂本選手は2位のヘンドリックス選手とだけ重ならないのかそれとも4位だったマライア選手が繰り上がって3位扱いとなり坂本選手やヘンドリックス選手と重ならないようになるのでしょうか?
      そうでないとイ・ヘイン選手は7位でシード選手に繰り上がったけど重ならない選手はいないという感じになってしまい変だなと感じちゃったもので…。今までそのようなこともあったと思うのですがどうだったのか知っていましたら教えていただきたいです。

    • 管理人 より:

      chiiさん

      > どの情報でも中国大会の代替地は最終という言われ方をしていてずっと疑問だったんですが中国大会はもともと第4戦ですがイギリスでやる代わりに第6戦になるかもしれないのでしょうか?

      たしかに第6戦と読めますが、私は(まだ決まっていない)6番目のGPSという意味に捉えていました。
      いずれにせよ、どの情報もフライング情報なので、どうなるかはわからないですね。
      正式発表を待ちましょう。

      > 世界選手権7位のイ・ヘイン選手がシード選手に繰り上がるとのことですが今まで1-3位の選手、4-6位の選手はGPSで重ならなかったと思うのですが

      坂本選手、ヘンドリックス選手、ベル選手が1-3位扱い、ユヨン選手、グバノワ選手、ヘイン選手が4-6位扱いになってそれぞれ重ならないのだと思います。

      • chii より:

        ご丁寧にありがとうございました。
        確かに普通に考えればそうですよね。
        アサインを予想しようとしてましたが、坂本選手はいつもアメリカを選んでるようなイメージだったのでもしマライア選手と重ならないなら今回はもしかして初めてアメリカじゃなくカナダとかと日本になるのかな、三原選手は坂本選手とは重ならないようにアサインされてるので今回はアメリカあるかな、松生選手は四大陸とチャレンジカップの好演技の印象があるのでヨーロッパかなとか考えてました。
        そういえば7月更新の強化選手に紀平選手の名前ありませんでした。全日本合宿は参加しないシーズンもありましたし海外拠点の選手はスキップしてる印象なので分からないですし5月頃?の記事には復帰戦がいつになるかは未定というようなコメント載っていましたがもしかしたらGPSスキップの可能性も高いのでしょうか?

      • 管理人 より:

        chiiさん

        たしかに心配なのは紀平選手ですね。
        怪我の回復を万全にするために、あえてスキップすることも考えられそうです。
        ただ、強化選手は前シーズンの実績で選ばれるので参考にはならないです。
        GPSに派遣が決まれば、後からでも載ります。
        アサイン予想はかつてやってましたが、全然当たらないので私はやめましたw

  11. さりん より:

    管理人様
    住吉りをん選手はGPシリーズ1戦もらえるのでしょうか
    今年の世界ジュニアは8位でした。2年程前にアメリカ
    のスターアンドリュース選手は何故2戦出ているのだろうと
    調べたら、世界ジュニアの成績で推薦されたのかなと思いました。
    基本的に世界ジュニアで何位までに入れば、枠はもらえるのでしょうか。

    • 管理人 より:

      さりんさん

      コメントありがとうございますm(_ _)m
      前シーズンにジュニアだった選手がシニアにあがる場合のGPS選考対象者は以下のとおりです。
      ・世界ジュニアのメダリスト
      ・JGPF優勝者
      昨季JGPFは開催されなかったので、対象は世界ジュニアのメダリストだけになります。

      住吉りをん選手は残念ながら、ジュニア枠では選考対象外です。
      ただし、シーズンベストスコアでは67位で、75位まで選ばれる権利はあります。
      このあたりの選考は不透明で、必ずしもルールに則ってないケースもあると思われます。
      NHK杯あたりで1枠でも決まるといいですね。

      • さりん より:

        管理人様
        シーズンベストの75位までは選ばれるかもしれないということで、NHK杯のTBA枠に期待したいと思います。
        情報ありがとうございます。

  12. たいちゃん。 より:

    女子の世界ジュニアメダルによる派遣のところにはユン・アソンと記述されていますが、銅メダルを獲ったアメリカのリンゼイ・ソーングレンさんも対象にはならないのでしょうか?
    シン・ジアさんの年齢によって繰り上げが実行されたにせよ、ユン・アソンさんよりも世界ジュニアの順位は上ですのでソーングレンさんも対象に入るのではないでしょうか??
    間違っていたらすみません、気になったのでコメントさせていただきました。

    • 管理人 より:

      たいちゃん。さん

      あ、記載が間違ってましたね。
      3位のソーングレン選手は対象です。
      逆に4位のアソン選手は繰り上がって対象になるかわからないです・・・
      とりあえず修正しました。
      教えていただきありがとうございますm(_ _)m

  13. コナン より:

    1つ質問なのですが、シード選手は招待選手と何か違いがあるんでしょうか?

    • 管理人 より:

      コナンさん

      質問に答えますねm(_ _)m
      シード選手は特別な存在です。
      まず世界選手権1~3位、4~6位の2つのグループに分けられ、それぞれ上位から出場する大会を割り当てます。
      1~3位の選手、4~6位の選手同士が同じ大会に出場することはありません。
      宇野選手と鍵山選手は同じ大会に出場することはないということですね。
      なるべく大会のレベルを均一化するための措置です。
      招待選手はあくまで出場資格を得て招待される存在で、出たい大会に出場できるとは限りません。
      細かい説明まで書いてなくてすいません・・・・

  14. スケート大好き より:

    質問です。

    男子と女子の招待選手のうち、2022年の世界ジュニアのメダリストは選考の対象になるとのことですが、これは派遣される可能性が高いという認識で大丈夫そうでしょうか。

    • 管理人 より:

      スケート大好きさん

      コメントありがとうございますm(_ _)m
      シニアに上がると宣言することが必要ですが、招待される可能性は高いです。
      公式記述順で書いていますので、世界ランキング24位以内の次の優先対象になります。

  15. chii より:

    こんにちは。
    初歩的なことをお聞きしますが来季のGPSの招待選手の世界ランキングは私はずっと今季終了時点の世界ランキングと思っていたら来季初めと聞いたこともあって、実際には今季終了時点なのか来季初めなのかどっちなのでしょうか?
    それ次第では紀平選手の世界ランキングは大幅に下がってしまい、松生選手の世界ランキングは24位以内に入ります。2選手とも好きな選手なので2戦欲しいです。。。

    • 管理人 より:

      chiiさん

      コメントありがとうございますm(_ _)m

      > 来季のGPSの招待選手の世界ランキングは私はずっと今季終了時点の世界ランキングと思っていたら来季初めと聞いたこともあって、実際には今季終了時点なのか来季初めなのかどっちなのでしょうか?

      私もシーズン終了時点という認識です。
      ただ、おっしゃるとおり、新シーズン最初時点という非公式情報を見かけたこともあり、確定的なことは言えません・・・
      (ちなみに昨季は新シーズン用に更新される前にアサイン発表がきたので、シーズン終了時点という思いを強くしています)

      とはいえ、24位以内にそんなにこだわらなくてもよいと思います。
      過去のアサインでは、下位の選手が選ばれて、上位の選手が選ばれてないということもありました。
      なので、基準は目安にすぎないのではないか、と・・・
      意中の選手については、選ばれることを祈りつつ発表を待ちましょう。

  16. とも より:

    管理人さまお疲れさまです

    今回ロシア勢の不出場によって空いた席をどの基準で埋めていくのかが気になりますね~

    あと羽生選手は現役継続するんでしょうかね?
    引退するならそろそろ発表な気もします

    • 管理人 より:

      ともさん

      コメントありがとうございますm(_ _)m
      アサインは保証枠のほかに開催国招待というのがありますが、詳細は明かされないので、基準ってグレーなんですよね・・・
      とはいえ、今季はあまりに事前に埋まらなすぎですね。
      羽生選手は進退についての正式なコメントは、まだありませんね。
      ただ、「4Aを挑戦し続けたい」と語っていますので、現役続行しそうな気もします。
      どうなるかわからないですが、発表を待ちましょう。

      • とも より:

        羽生選手は続けそうな気もしますよね~

        それと大したことではないのですが、世界ジュニアのメダリストもgps内定だった気がします

      • 管理人 より:

        ともさん

        > それと大したことではないのですが、世界ジュニアのメダリストもgps内定だった気がします

        おー、そうでしたね。
        枠ではなく、シニア入りの意向があれば、選考対象になるということですね。
        壷井選手が対象になるので、追記しました。
        教えていただきありがとうございますm(_ _)m

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ