スポンサードリンク


フィギュアスケート 世界ランキング(男子・女子)2016-2017最新版

フィギュアスケートには「世界ランキング(ワールドランキング/またはワールドスタンディング)」というものがあります。
正式名は、ISU World Standings/Ranking for Single & Pair Skating and Ice Dancing
これはISU(国際スケート連盟)が随時発表しています。

世界ランキングには、ISU世界ランキングとISUシーズン世界ランキングの2つあります。
ここでは2016-2017最新版の世界ランキングを紹介します。

※随時、最新版に更新しますので、ときどきチェックすると面白いですよ!
※2015-2016シーズンがリセットされ、2016-2017シーズンのポイントが反映されました!

スポンサードリンク

フィギュアスケートISU世界ランキングの決め方

世界ランキング(ワールドランキング/ワールドスタンディング)を決めるポイントは、ISUが定めるA級試合とB級試合の順位によって付与されるようになっています。

もちろん、世界選手権が一番ポイント付与の高い試合です。

しかし、ポイントの低い選手は積極的にB級試合に出場してポイントを稼いでいます。
ポイントを稼ぐことでグランプリシリーズの出場権などを獲得できるようになるからです。

そうした理由から、意外に「実力によるランキング」とはなってなかったりします。
あれ?この選手がこんなに上位?と思う選手の場合、B級試合にたくさん出場している選手ですw

この世界ランキングにジュニア選手が入ってくるのは、ジュニアの試合にもポイントが付与されるようになっているからです。
ジュニア時代にポイントを稼いでいると、シニアになってから出場できる試合が多くなり優位になります。
そんな見方も楽しかったりしますw

ちなみに全日本フィギュアスケート選手権など国内限定の試合はISU認定の試合ではありませんのでポイントは稼げません。

・・・ということを前提に世界ランキングをご覧ください!

ISU世界ランキング

dddddd

フィギュアスケートISU世界ランキング(ワールドスタンディング)です。

ポイントの比率は以下の通りです。
2016-2017シーズン=100%
2015-2016シーズン=100%
2014-2015シーズン=70%

質問を受けましたので、世界ランキング(ワールドスタンディング)のポイント配分について補足しますね!
IUS世界ランキング表を見ると、各ポイントの合計が世界ランキングのポイントと合いません・・・。
この理由を説明しますね。

ISUの世界ランキングのポイント表では以下が示されています。

(1)世界選手権またはオリンピック・世界ジュニア・四大陸・欧州選手権の高い点数から2大会分(左側の列)
(2)グランプリファイナルとグランプリシリーズの高い点数から4大会分(真ん中の列)
(3)その他のISU公認国際試合の高い点数から4大会分(右側の列)

しかし、世界ランキングの合計ポイントは以下で計算します。

(1)は1シーズン上位1大会分のみ
(2)(3)は1シーズン上位2大会分のみ

(1)+(2)+(3)=世界ランキングポイント

となります。
ちょっと複雑すぎますね・・・w

全体では10位まで、日本選手は50位まで記載しています。

男子シングル(2017.1.15現在)

順位 選手 ポイント
1位 羽生結弦 4946
2位 ハビエル・フェルナンデス 4247
3位 宇野昌磨 3793
4位 アダム・リッポン 3463
5位 パトリック・チャン 3018
6位 マキシム・コフトン 3013
7位 デニス・テン 2916
8位 ジェイソン・ブラウン 2902
9位 アレクセイ・ヴィシェンコ 2834
10位 マックス・アーロン 2811
13位 無良崇人 2759
20位 田中刑事 2316
25位 村上大介 2068
44位 山本草太 1197

ランキング詳細はISU公式サイト

女子シングル(2017.1.15現在)

順位 選手 ポイント
1位 宮原知子 4606
2位 エフゲニア・メドベデワ 4250
3位 アンナ・ポゴリラヤ 4009
4位 エリザベータ・トゥクタミシェワ 3516
5位 アシュリー・ワグナー 3468
6位 エレーナ・ラジオノワ 3460
7位 グレーシー・ゴールド 3303
8位 本郷理華 3097
9位 マリア・ソツコワ 2730
10位 長洲未来 2690
14位 村上佳菜子 2421
20位 樋口新葉 2029
21位 浅田真央 2016
33位 永井優香 1609
35位 本田真凛 1484
40位 三原舞依 1366
43位 白岩優奈 1272
48位 坂本花織 1148
50位 木原万莉子 1032
54位 新田谷凜 995
61位 松田悠良 902

ランキング詳細はISU公式サイト

ペア(2017.1.15現在)

ペアの最新世界ランキングはISU公式サイトでご覧ください。

アイスダンス(2017.1.15現在)

アイスダンスの最新世界ランキングはISU公式サイトでご覧ください。

2016-2017シーズンISU世界ランキング

2016-2017シーズンのみのフイギュアスケートISU世界ランキング(ワールドスタンディング)です。
全体では5位まで、日本選手は50位まで記載しています。

男子シングル(2017.1.15現在)

順位 選手 ポイント
1位 羽生結弦 1500
2位 ネイサン・チェン 1380
3位 宇野昌磨 1348
4位 パトリック・チャン 1195
5位 ジェイソン・ブラウン 1143
16位 田中刑事 787
19位 無良崇彦 723
50位 島田高志郎 385
50位 友野一希 385

ランキング詳細はISU公式サイト

女子シングル(2017.1.15現在)

順位 選手 ポイント
1位 宮原知子 1380
2位 アンナ・ポゴリラヤ 1291
3位 ケイトリン・オズモンド 1243
4位 エフゲニア・メドベデワ 1200
5位 マリア・ソツコワ 1185
7位 樋口新葉 916
7位 三原舞依 916
17位 本郷理華 717
19位 松田悠良 699
32位 坂本花織 534
34位 浅田真央 506
35位 紀平梨花 505
45位 本田真凛 450

ランキング詳細はISU公式サイト

ペア(2017.1.15現在)

ペアの世界ランキングはISU公式サイトでご覧ください。

アイスダンス(2017.1.15現在)

アイスダンスの世界ランキングはISU公式サイトでご覧ください。

2015-2016シーズンISU世界ランキング

2015-2016シーズンのみのフイギュアスケートISU世界ランキング(ワールドスタンディング)です。
全体では10位まで、日本選手は50位まで記載しています。

男子シングル(2016.4.30現在)

順位 選手 ポイント
1位 羽生結弦 2530
2位 ハビエル・フェルナンデス 2320
3位 宇野昌磨 1884
4位 ボーヤン・ジン 1857
5位 アダム・リッポン 1833
6位 パトリック・チャン 1823
7位 マックス・アーロン 1757
8位 ミハイル・コリヤダ 1657
9位 ダニエル・サモーヒン 1525
10位 ミハル・ブレジナ 1371
15位 田中刑事 1253
22位 無良崇彦 1078
35位 村上大介 796
54位 山本草太 534

ランキング詳細はISU公式サイト

女子シングル(2016.4.30現在)

順位 選手 ポイント
1位 エフゲニア・メドベデワ 2700
2位 宮原知子 2260
3位 アシュリー・ワグナー 2063
4位 アンナ・ポゴリラヤ 1834
5位 エレーナ・ラジオノワ 1804
6位 グレーシー・ゴールド 1800
7位 本郷理華 1602
8位 ロベルタ・ロデギエーロ 1588
9位 長洲未来 1516
10位 浅田真央 1510
17位 村上佳菜子 1190
19位 本田真凛 1034
26位 永井優香 943
28位 白岩優奈 865
32位 樋口新葉 794
46位 新田谷凜 610

ランキング詳細はISU公式サイト

ペア(2016.4.30現在)

ペアの世界ランキングはISU公式サイトでご覧ください。

アイスダンス(2016.4.30現在)

アイスダンスの世界ランキングはISU公式サイトでご覧ください。

いかがでしたか?
フィギュアスケートの世界ランキングを見ると、へー!結構意外ー!って思いますよね?
ジュニア選手もランキングに入ってくるのを見ると、期待が膨らみますね。

他のランキング記事

フィギュアスケート歴代世界最高得点ランキング【男子・女子/最新版】

よかったら参考にしてみてください。

スポンサードリンク

フィギュアスケート2016-2017の完全スケジュールカレンダー


【羽生結弦選手愛用品情報】
羽生結弦選手愛用RAKUWAネックにブラック40cm新発売!
※かなりの要望があったみたいですね!
羽生結弦選手愛用アクアチタンソックス アースモデル

ファイテンネックレスの羽生結弦選手愛用モデル
※チョッパーモデルとミラーボールを2本重ねがけしています!
西川エアーポータブルストレッチマット
※羽生結弦選手はこちらをウォーミングアップなどに使っています!

5 Responses to “フィギュアスケート 世界ランキング(男子・女子)2016-2017最新版”

  1. 桂子 より:

    はじめまして。
    ポイント計算の方法解りやすく教えて頂きありがとうございます。
    ところでちょっと気になったんですが、2015-16シーズン世界ランキング2016.4/30現在 男子です。
    羽生選手1位の下に7位からランクアップってあるんですけど…?これは何かの間違い?かしらと…^^;

    • 管理人 より:

      桂子さん

      コメントありがとうございます。
      役に立ったのならよかったです!

      羽生選手の2015-2016シーズンランキングに関しては、過去7位だったときがあります。
      どうしてそうなったかというと、四大陸選手権に出場しなかったことで、四大陸とユーロの上位選手に抜かされて一時的に下がったのです・・・・。
      そして世界選手権後に1位に返り咲きりました。

      ただ、情報としてもう古いので・・・・ランクアップ情報は削除しました。
      新たな気持ちで2016-2017シーズンを迎えたいと思います!

  2. Hiroko より:

    はじめまして
    いつも参考にさせていただいてます(すみません 勝手ではありますが)

    教えて頂きたくて。フィギュアに興味を持ってまだ1年ほどの若干者です。世界ランキングのポイントの各大会でのつき方はよくわかったんですが、ポイントの合計が総合計ポイントの数と合わない人がいますね。
    これはどういうことなんでしょう?
    羽生選手で言えばポイント数 4905となっていますが、表のポイントを全て足すと5517になると思うのですが この秘密を教えて頂ければありがたいです。

    • 管理人 より:

      Hirokoさん

      コメントありがとうございます!
      きちんと計算すると、なぜー?って思いますよね?
      このポイント計算はちょっと複雑なので、とくに説明しませんでした・・・・。
      せっかく質問を受けましたので補足説明を記事に追記しました。
      よかったら読んでください!

      • hiroko より:

        早速のご回答ありがとうございました!

        計算してみました。
        納得です。
        なぜこんなに複雑にするんでしょうんね?(^_^;)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ