スポンサードリンク


2017-2018シーズン大会速報
全大会一覧
シニアグランプリシリーズ2017特集 ジュニアグランプリシリーズ2017特集
GPS第1戦ロシア大会2017速報
※羽生結弦、樋口新葉、坂本花織
GPS第2戦カナダ大会2017速報
※宇野昌磨、無良崇人、本田真凜、本郷理華

グランプリシリーズ・ロシア大会2017の放送・ライスト・結果速報【羽生結弦】

フィギュアスケートのグランプリシリーズ2017(GPシリーズ/GPS)の第1戦は「ロシア大会(ロステレコム杯/ロシア杯)」です。
開催期間は2017年10月19日~10月22日(日本時間)。
本試合(大会)で早くも羽生結弦選手が登場します。
日本選手は樋口新葉選手、坂本花織選手も出場します。
残念ながら田中刑事選手は怪我で棄権となりました・・・・

本記事ではロシア大会2017の日程・スケジュール・エントリー/出場選手(出場者)・ライスト・テレビ放送(テレビ朝日等)を紹介するとともに、男子・女子のショート/SP・フリー/FSを中心に滑走順と結果(順位・得点・リザルト・プロトコル)、そして演技動画を速報でお伝えします。
現地最新情報&公式練習のレポートも行う予定です!
平昌五輪はまだ先ですので、あまり熱くなりすぎずに楽しみましょう!

スポンサードリンク

ロステレコム杯2017(ロシア大会)の開催場所と日程

フィギュアスケートGPS(グランプリシリーズ)2017の1戦目となるロステレコム杯2017(ロシア大会)の概要です。

ロステレコム杯2017(ロシア大会)
ISU Grand Prix of Figure Skating Rostelecom Cup 2017
開催場所 モスクワ
Megasports Arena(メガスポルトアリーナ)
リンクサイト座席表
日程 2017年10月20日(金)~10月22日(日)

メガスポルトアリーナは2011年の世界フィギュアスケート選手権が行われた場所です。
2011年といえば、日本で東日本大震災があった年・・・
本来は日本で開催される予定でしたが、この影響で開催権を返上したのです・・・・
このときロシアは日本へ向けて励ましのセレモニーを催してくれました。

以下はそのときの動画ですが、ぜひご覧になってほしいです。

そうした意味で羽生結弦選手にとっても縁のある場所です。
もしかすると、このことを知っていて選んだのかもしれません・・・

ロステレコム杯2017のタイムスケジュール

※日本時間(現地+6時間)で記載しています。
※公式練習は男子と女子のみ記載しています。
※本スケジュールは暫定版です。
現地時間スケジュール詳細

スケジュール&タイムテーブル
10/19(木) 16:30~17:50 男子公式練習
20:35~21:55 女子公式練習
10/20(金) 2:00~3:30 オープニングセレモニー(ホテル)
14:30~15:30 男子公式練習
18:15~19:15 女子公式練習
20:00~21:33 男子SP
22:00~23:20 アイスダンスSD
23:45~24:15 オープニングセレモニー(オン・アイス)
10/21(土) 0:30~1:37 ペアSP
2:00~3:33 女子SP
13:30~14:50 男子公式練習
17:35~18:45 女子公式練習
19:30~21:25 男子FS
21:45~23:16 アイスダンスFD
23:35~24:56 ペアFS
10/22(日) 1:20~3:07 女子FS
20:00~21:00 表彰式(全カテゴリー)
21:00~23:30 エキシビション
10/23(月) 1:00~3:30 クロージングバンケット

ロステレコム杯2017のライスト

グランプリシリーズのロシア大会(ロステレコム杯)2017のライスト(ライブストリーミング配信)情報です。

■要串(要プロキシ設定)ライスト
EUROVISION(ISU SKATING CANNEL)
※全カテゴリーをライブ放送(オープニングセレ・表彰式・エキシ含む)
SPORTBOX
※全カテゴリーをライブ放送(オープニングセレ・表彰式・エキシ含む)
■串不要ライスト
MatchArenaMatchArena予備
※全カテゴリーをライブ放送(オープニングセレ・表彰式・エキシ含む)
ロシアスポーツ1
※全カテゴリーをライブ放送(オープニングセレ・表彰式・エキシ含む)
KAZSPORT
※男子SP/アイスダンスSD/ペアSP/女子SP/男子FS/アイスダンスFDをライブ放送
MatcTV
※男子SP/ペアSP/男子FSをライブ放送
ユーロスポーツ2
※男子SPのみライブ放送
ユーロスポーツ1
※女子FSのみライブ放送
他にも情報が出てきましたら追記していきますね!

ロステレコム杯2017のテレビ放送

グランプリシリーズのロシア大会(ロステレコム杯)2017のテレビ放送情報です。

テレビ放送
テレビ朝日 ■10月20日(金)
20:00~21:54 男子ショート
※実際の競技は20:00~21:33なので、ディレイ(ずらし)放送になる可能性がありますね。
■10月21日(土)
18:56~21:30 女子ショート/男子フリー
※女子SPは録画!男子FSの実際の競技は19:30~21:25なので、一部生放送をやってくれるかもしれません。
■10月22日(日)
2:36~4:00 女子フリー
※女子FSの実際の競技は1:20~3:07なので、ディレイ(ずらし)放送になると思われます。
BS朝日 ■10月19日(木)
21:00~22:54 木曜プレミアム 勝負の五輪イヤー開幕!羽生結弦ら今季初戦!フィギュアスケート・GPシリーズ直前SP
■10月22日(日)
13:00~15:54 男女ショート
21:00~23:30 エキシビション【生放送】
■10月23日(月)
17:00~20:54 男女フリー
テレ朝チャンネル2 ■11月15日(水)
15:00~17:55 男女SP
■11月16日(木)
8:05~10:55 アイスダンスSD/FD
15:00~18:30 男女FS
■11月17日(金)
8:05~10:25 ペアSP/FP
15:00~17:30 エキシビション

ロステレコム杯2017のエントリー&見どころ

グランプリシリーズのロシア大会(ロステレコム杯)2017のエントリー選手はIN、OUTの発表があり次第更新します。
併せて本大会の見どころについても紹介します。

男子シングル

ロステレコム杯2017の男子エントリー選手
全男子のプロモーション動画
日本選手 羽生結弦
※田中刑事選手が練習中に右腸腰筋筋損傷の怪我でまさかの欠場・・・(10/16発表)
記事
※中国杯に向けて治療に専念するそうです。どうかお大事にしてください。
海外選手 ナム・ニューエン(カナダ)、モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)、ダニエル・サモヒン(イスラエル)、デニス・テン(カザフスタン)、デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)、アンドレイ・ラズキン(ロシア)、ドミトリー・アリエフ(ロシア)、ミハイル・コリャダ(ロシア)、ネイサン・チェン(アメリカ)、グラント・ホッホスタイン(アメリカ)、ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)
※9/14にTBDとしてアンドレイ・ラズキン(ロシア)がin
※10/16にモリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)がin
主な出場選手の今季直近スコア
※すべて調整試合にすぎないので、あくまで参考数値です。
選手 大会 スコア
ネイサン USインター 275.04
跳べるクワド:4Lz 4F 4Lo 4S 4T
羽生結弦 オータムクラシック 268.24
跳べるクワド:4Lz? 4Lo 4S 4T
コリャダ ネペラ杯 247.81
跳べるクワド:4Lz 4S 4T
ミーシャ オータムクラシック 246.19
跳べるクワド:4T
ナム オータムクラシック 245.21
跳べるクワド:4S 4T
ヴァシリエフス ロンバルディア 228.91
跳べるクワド:4S 4T
ホッホスタイン ネペラ杯 217.52
跳べるクワド:4T
サモヒン USインター 191.20
跳べるクワド:4S 4T
※今季国際試合に出場していませんが、4Lz、4S、4Tを跳ぶアリエフ選手も侮れません。

※田中刑事選手の欠場により、一部修正しました。

見どころは言うまでもありません。
いきなり初戦で「羽生 vs ネイサン」対決が実現することです!

しかし、1位を死守すべきというほどではありません。
得点の肝は4回転ジャンプの成功になりますが、現段階では完璧なくてもよいと思います。
それよりもプログラムが完成した時の期待感が大事です。
お互いに初戦は終えていますので、どのようにプログラムを修正してくるのか楽しみです。

とはいえ、羽生結弦選手が練習している4回転ルッツに挑んでくるかは注目です。
試合で継続的に跳ばなければ、五輪で跳んで来ることはないからです。
决められるかより「跳んくるか」で羽生選手の戦略が見えてくると思います。
今回は跳ばずに「次のNHK杯から」ということも考えられますけどね。

気がかりなのは、羽生結弦選手の右膝痛の回復具合。
負けず嫌いの性格なだけに無理してほしくないところ・・・・
シーズン本番を迎えたとはいえ、本当の本番はまだ先ですので。

2選手に次ぐのは混戦です。
その中ではコリャダ選手、アリエフ選手あたりが抜けていると思います。

女子シングル

ロステレコム杯2017の女子エントリー選手
全女子のプロモーション動画
日本選手 樋口新葉、坂本花織
海外選手 アナスタシア・ガルスチャン(アルメニア)、マエ=ベレニス・メイテ(フランス)、ニコル・ショット(ドイツ)、カロリーナ・コストナー(イタリア)、エリザベート・ツルシンバエワ(カザフスタン)、ワレリヤ・ミハイロワ(ロシア)、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)、エレーナ・ラジオノワ(ロシア)、マライア・ベル(アメリカ)、長洲未来(アメリカ)
※9/13トース・イヴェット(ハンガリー)がout
※9/20にTBDとしてワレリヤ・ミハイロワ(ロシア)がin
※9/27ニコル・ショット(ドイツ)がin
※10/9パク・ソヨン(韓国)がout
※10/11アナスタシア・ガルスチャン(アルメニア)がin
主な出場選手の今季直近スコア
※すべて調整試合にすぎないので、あくまで参考数値です。
選手 大会 スコア
メドベ ネペラ杯 226.72
樋口新葉 ロンバルディア杯 217.63
坂本花織 近畿選手権(国内戦) 201.15
コストナー フィン杯 193.76
長洲未来 USインター 183.54
ミハイロワ ロシアカップ第1戦(国内戦) 182.57
ラジオノワ ネペラ杯 182.21
ツルシン オータムクラシック 181.00
マライア USインター 168.66

正直言ってトップは女王メドベージェワ選手で間違いないでしょう。
彼女が1位を逃すことは100歩譲っても考えにくいです。

しかし、樋口新葉選手、坂本花織選手で2位、3位を死守したいところ!
とくに樋口新葉は五輪メダルまで考えるなら、女王メドベージェワ選手に迫る得点を出してほしいです!
それだけの潜在力は持っていると考えます。

コストナー選手、ラジオノワ選手、長洲未来選手もいますから、ちょっと失敗しただけで下位に落ちてしまいます。
日本女子は五輪の枠取りが熾烈なだけに初戦から全力でいくしかないと思います。

気負うことなく、それでいて強い心を持ってGPシリーズに挑んでほしいですね!

※補足情報としてですが、今シーズンはジャンプのエッジエラー判定が厳しく取り締まれている印象があります。
メドベージェワ選手もルッツが苦手なため、きちんと修正してくるか見どころです。
女子は僅差の戦いになるため、エッジエラーでも失う得点が大きいです・・・・

ペア・アイスダンス

ロステレコム杯2017のペアエントリー選手
日本選手 須藤澄玲&フランシス・ブードロー=オデ

ペアとアイスダンスの全エントリーは以下のリンクの通りです。

ペアエントリーアイスダンスエントリー

ロステレコム杯2017の最新情報と公式練習レポ

ロステレコム杯2017の最新情報が出てきましたら記載します。
その他、公式練習レポも行います。

男子情報

■10/18情報1
羽生結弦選手がモスクワ入りしました!
コメント「今やることはやってきたので、ここでもやることをしっかりやりたい。(違和感のあった右膝は)問題ない。何も心配なく現地に入れて、まずはホッとしてます。(ジャンプ構成は)一応、全力でやります」
この上ないコメントです!
NHK動画

■10/18情報2
米国フィギュアスケート解説者ジャッキーさんのロステレ予想記事が出ました。
1位 羽生結弦、2位 ネーサン、3位 コリャダ
記事

女子情報

■10/18情報
樋口新葉選手と坂本花織選手が成田空港からモスクワに向けて日本を出発しました!
樋口選手コメント「すごく大事なシーズン。表彰台に乗れるように意識してやっていきたい。自分のいいところを出して合計215点は超えたい」
坂本選手コメント「目標は表彰台。どれだけ食い込めるか分からないけど、やってやろうという気持ち」」

■10/18情報2
米国フィギュアスケート解説者ジャッキーさんのロステレ予想記事が出ました。
1位 メドベ、2位 樋口新葉、3位 長洲未来
記事

ロステレコム杯2017の滑走順・結果速報

本記事のメインです。
グランプリシリーズ・ロシア大会2017(ロステレコム杯2017)の男女シングルを中心にショートとフリーの滑走順と結果(得点・順位・リザルト・プロトコル)を速報で記載します。
本項目は、最初に「滑走順」、次に「結果&順位」というふうに記事を進化させていきます。

リザルトサイト
※リザルトサイトはまだ出てきていませんので、現在はリザルトサイトのリンクが表示される場所にリンクしています。

男子SP

男子ショートの滑走順です。
2017-2018シーズンのGPSショートは世界ランキング(ワールドスタンディング)の低い順から滑ることが決まっています。
(もし変わってしまったら、わかった時点で修正します)

ロステレコム杯2017の男子SPの滑走順&結果
順位 選手 得点 滑走順
Group 1
アンドレイ・ラズキン(ロシア)
Andrei LAZUKIN
1
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
Moris KVITELASHVILI
2
デニス・テン(カザフスタン)
Denis TEN
3
ナム・ニューエン(カナダ)
Nam NGUYEN
4
グラント・ホッホスタイン(アメリカ)
Grant HOCHSTEIN
5
ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)
Misha GE
6
Group 2
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
Deniss VASILJEVS
7
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
Dmitri ALIEV
8
ダニエル・サモーヒン(イスラエル)
Daniel SAMOHIN
9
ネイサン・チェン(アメリカ)
Nathan CHEN
10
ミハイル・コリャダ(ロシア)
Mikhail KOLYADA
11
羽生結弦(日本)
Yuzuru HANYU
12

女子SP

女子ショートの滑走順です。
2017-2018シーズンのGPSは世界ランキングの低い順です。
(もし間違っていたらわかった時点で修正します)

ロステレコム杯2017の女子SPの滑走順&結果
順位 選手 得点 滑走順
Group 1
ワレリヤ・ミハイロワ(ロシア)
Valeriia MIKHAILOVA
1
アナスタシア・ガルスチャン(アルメニア)
Anastasia GALUSTYAN
2
ニコル・ショット(ドイツ)
Nicole SCHOTT
3
マエ=ベレニス・メイテ(フランス)
Mae Berenice MEITE
4
坂本花織(日本)
Kaori SAKAMOTO
5
カロリーナ・コストナー(イタリア)
Carolina KOSTNER
6
Group 2
マライア・ベル(アメリカ)
Mariah BELL
7
樋口新葉(日本)
Wakaba HIGUCHI
8
エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
Elena RADIONOVA
9
エリザベート・ツルシンバエワ(カザフスタン)
Elizabet TURSYNBAEVA
10
長洲未来(アメリカ)
Mirai NAGASU
11
エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)
Evgenia MEDVEDEVA
12

男子FS

ロステレコム杯2017の男子FSの滑走順&結果
順位 選手 得点 滑走順
Group 1

女子FS

ロステレコム杯2017の女子FSの滑走順&結果
順位 選手 得点 滑走順
Group 1

ペア・アイスダンス

ペアとアイスダンスの結果に関してはリンクを貼っていきますね!

スポンサードリンク

フィギュアスケート2017-2018の完全スケジュールカレンダー
※緊急情報があった場合、こちらの該当日に記載しています。


【羽生結弦選手愛用品情報】
羽生結弦選手愛用アクアチタンソックス アースモデル

ファイテンネックレスの羽生結弦選手愛用モデル
※チョッパーモデルとミラーボールを2本重ねがけしています!
BraunオーラルB電動歯ブラシ羽生結弦選手愛用モデル
※2017.6.1にマイレピのP&G製品特別インタビューで「ブラウン オーラルBは僕の愛用品です」と掲載されて以来売り切れ続出のようです!
バングル ブレスレット羽生結弦選手着用モデル
※国別対抗戦で着用していました!
VENEXリカバリーウェア リチャージモデル【ウェア】
※食事中などに着ている写真が撮影されています!
西川エアーポータブルストレッチマット
※羽生結弦選手はこちらをウォーミングアップなどに使っています!
【チケット入手情報】
フィギュアスケート観戦なら海外スポーツ観戦のStubHubで!
※日本語対応&決済方法も豊富!安心してお任せできる会社です!
StubHubの平昌オリンピックフィギュアスケート観戦チケット
※五輪コーナーもあります!

5 Responses to “グランプリシリーズ・ロシア大会2017の放送・ライスト・結果速報【羽生結弦】”

  1. fun より:

    残念ながら、田中刑事選手は欠場との事です。

    • 管理人 より:

      funさん

      速報を教えていただきありがとうございますm(_ _)m
      びっくりしてすぐ調べました。
      併せて記事を修正しました。
      怪我では仕方ないですね・・・・

  2. るる より:

    管理人様

    いつもありがとうございます。

    ロシアのTDBの選手、男女とも知らない、、。
    本当に層の厚さを感じます。

    冒頭のリンク、助かります。
    しかし、今、ロステレコムがロンバルディアになってます。

    楽しみだけど寝不足必至な毎日がやって来ますね。
    ゾクゾクわくわくしながら過ごしてます。

    • 管理人 より:

      るるさん

      教えてもらわなかったら、リンクミスに気づかなかったです・・・
      ありがとうございますm(_ _)m
      これからGPSをどんどん足していきますね!

      ロシアが本当の「おそロシア」になるのはこれからですよ。
      今季ジュニアファイナル女子に出場できるのはロシア選手だらけになりそうです・・・・

      • るる より:

        本当におそロシア、ジュニア女子ですね。

        紀平さん、荒木さん、ワンツーでなんとか二人ファイナル行ってほしいです。
        (でも、ロシア二人の不調を願う訳にも、、)

        ただ、昨年と一昨年のJワールドとJファイナルみると、当時活躍したロシア女子は、今季上位にほとんどいない。シニアのザギトワさんとソツコワさんくらい。

        その点では、日本女子は大事に育てられていると言えるのかも知れませんね。
        前向きに!

        話題違いで失礼いたしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ